• ホーム
  • KIF22はCARとEGFRの動態を協調させてがん細胞の増殖を促進する

KIF22はCARとEGFRの動態を協調させてがん細胞の増殖を促進する

KIF22 coordinates CAR and EGFR dynamics to promote cancer cell proliferation

Research Article

Sci. Signal. 30 Jan 2018:
Vol. 11, Issue 515, eaaq1060
DOI: 10.1126/scisignal.aaq1060

Rosemary Pike1, Elena Ortiz-Zapater1,2, Brooke Lumicisi1, George Santis2, and Maddy Parsons1,*

1 Randall Division of Cell and Molecular Biophysics, King's College London, New Hunt's House, Guy's Campus, London SE1 1UL, UK.
2 Division of Asthma, Allergy and Lung Biology, King's College London, 5th Floor Tower Wing, Guy's Hospital Campus, London SE1 1UL, UK.

* Corresponding author. Email: maddy.parsons@kcl.ac.uk

要約

コクサッキー・アデノウイルス受容体(CAR)は、細胞間接着に重要な役割を果たす膜貫通型受容体である。CARは正常な上皮細胞に認められ、肺がんを含むヒト各種腫瘍で存在量が増加している。われわれは、CARががん細胞の増殖に寄与する潜在的機構を調べ、その結果、ヒト肺がん細胞におけるCARの除去により、足場非依存性増殖、上皮増殖因子(EGF)依存性増殖、およびin vivoの腫瘍増殖が低下することを見出した。EGFはキナーゼPKCδの活性化を介したCARのリン酸化と、その後の細胞接合部への再局在化を誘導した。EGFは、クロモキネシンKIF22へのCARの結合を促進した。微小管動態のKIF22依存性の調節により、EGFRの内部移行が遅延し、EGFRシグナル伝達が亢進し、細胞間接合部でのCAR動態の協調が生じた。これらのデータは、膜受容体の協調におけるKIF22の役割を示唆し、肺腫瘍の増殖と闘う新たな治療戦略候補を提供している。

Citation: R. Pike, E. Ortiz-Zapater, B. Lumicisi, G. Santis, M. Parsons, KIF22 coordinates CAR and EGFR dynamics to promote cancer cell proliferation. Sci. Signal. 11, eaaq1060 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年1月30日号

Editor's Choice

細菌感染を感知する

Research Article

SILACによってLAD1をEGFに応答するフィラミン結合性アクチン動態調節因子および侵襲性乳腺腫瘍マーカーとして同定

KIF22はCARとEGFRの動態を協調させてがん細胞の増殖を促進する

蛍光Ca2+指示薬はNa,K-ATPアーゼを直接阻害し細胞機能を破壊する

最新のResearch Article記事

2018年4月10日号

酸素感知FixL-FixJ二成分シグナル伝達系の完全な構造

mTORC1が二孔チャネルTPC2を通したリソソームからのCa2+放出を制御する

キナーゼp38およびJNKの核移行は炎症誘発性がんを促進する

IL-15受容体のナノスケールでの再構築がNKG2Dによってリガンド依存的に誘導される

2018年4月3日号

ノシセプチン受容体は軸索再生と脊髄損傷からの回復を阻害する