• ホーム
  • タンパク質ホスファターゼのゲノミクスと進化

タンパク質ホスファターゼのゲノミクスと進化

Genomics and evolution of protein phosphatases

Research Resources

Sci. Signal. 11 Apr 2017:
Vol. 10, Issue 474, eaag1796
DOI: 10.1126/scisignal.aag1796

Mark J. Chen1,2,*, Jack E. Dixon3, and Gerard Manning1,2,†,‡

1 Department of Bioinformatics and Computational Biology, Genentech Inc., South San Francisco, CA 94080, USA.
2 Razavi Newman Center for Bioinformatics, Salk Institute for Biological Studies, La Jolla, CA 94027, USA.
3 Departments of Pharmacology, Cellular and Molecular Medicine, and Chemistry and Biochemistry, University of California, San Diego, La Jolla, CA 92093, USA.

‡ Corresponding author. Email: manning@manninglab.org

* Present address: Department of Pathology, St. Jude Children's Research Hospital, Memphis, TN 38015, USA.

† Present address: Genentech, South San Francisco, CA 94080, USA.

要約
タンパク質ホスファターゼは、タンパク質キナーゼとは本質的に正反対であり、両酵素が組み合わさって、すべてのタンパク質リン酸化とほとんどの細胞プロセスを調節する。タンパク質リン酸化の全体的な役割をよりよく理解するため、189の既知および予測ヒトタンパク質ホスファターゼ遺伝子からなるヒトタンパク質ホスファトームをカタログ化した。われわれはまた、79のタンパク質ホスファターゼの偽遺伝子あるいはレトロ遺伝子を同定したが、それらのいくつかは残存機能をもつ可能性がある。われわれは、原生生物であるタマホコリカビ(Dictyostelium)からウニまで、他の8つの真核生物についてタンパク質ホスファトームを構築することにより、ホスファターゼの起源と多様性を追跡した。われわれは、全9種がもつタンパク質ホスファターゼを、10のタンパク質フォールド、21のファミリー、と178のサブファミリーの階層に分類した。われわれは、101のヒトサブファミリーの80%以上が動物界全体で保存されているが、個々のサブファミリーの消失や拡大、アクセサリードメインの変化など、進化にかなりの違いがあることを見出した。タンパク質ホスファターゼは、主要モデル生物において、かなりの消失を伴う、キナーゼと同様の進化的ダイナミクスを示す。配列分析は、26のヒトタンパク質ホスファターゼドメインが触媒的に不活化されており、この不活化はオーソログ全体でほぼ保存されていると予測している。タンパク質ホスファターゼに関するこのゲノムおよび進化的観点は、動物界全体のタンパク質リン酸化の網羅的解析の枠組みを提供する。

Citation: M. J. Chen, J. E. Dixon, G. Manning, Genomics and evolution of protein phosphatases.Sci. Signal. 10, eaag1796 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年4月11日号

Editor's Choice

Hippoによって調節される抗ウイルス防御

Research Article

転写因子MAFKは標的GPNMBを介してトリプルネガティブ乳がん細胞のEMTと悪性進行を誘導する

YAPを介した機械的シグナル伝達が損傷に対するポドサイトの応答を決定する

Research Resources

タンパク質ホスファターゼのゲノミクスと進化

最新のResearch Resources記事

2018年3月6日号

cAMPr:環状AMPに対する単一波長蛍光センサー

2017年12月5日号

オキシトシンのわずかな修飾によって効力を維持したまま種を通じた選択性を改善するリガンドが生成される

2017年11月14日号

Affimer(Adhiron)技術を用いたSUMO-1およびSUMO-2/3媒介タンパク質間相互作用の特異的阻害剤の作製

2017年10月31日号

TLR4の定量的単一分子イメージングによってリガンド特異的な受容体の二量体化が明らかに

2017年9月26日号

アイソフォームおよび突然変異特異的RAS抗体の選択性および感受性の評価