• ホーム
  • 免疫細胞におけるプロテインチロシンホスファターゼ遺伝子の包括的発現プロファイル

免疫細胞におけるプロテインチロシンホスファターゼ遺伝子の包括的発現プロファイル

Comprehensive Expression Profiles of Genes for Protein Tyrosine Phosphatases in Immune Cells

Research Resources

Sci. Signal., 31 August 2010
Vol. 3, Issue 137, p. rs1
[DOI: 10.1126/scisignal.2000966]

Yutaka Arimura* and Junji Yagi

Microbiology and Immunology, Tokyo Women’s Medical University School of Medicine, 8-1 Kawada, Shinjuku, Tokyo 162-8666, Japan.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: arimura@research.twmu.ac.jp

 

要約:シグナル伝達分子のリン酸化と脱リン酸化は、免疫応答を含む細胞のさまざまな過程において重要な役割を果 たす。これまでのところ、さまざまな免疫細胞におけるプロテインチロシンホスファターゼ(PTP)の包括的発現プロファイルについての記述はない。われわ れは、RIKEN(理化学研究所)によって収集されたRefDIC(Reference Genomics Database of Immune Cells)データベースを用いて、マウスのPTPをコードする遺伝子の発現パターンを調べ、免疫細胞で共通して発現されるPTPをコードする遺伝子 57〜64個(カットオフ値によって左右される)を同定した。系統の異なる細胞には、その他にも特有のPTPをコードする遺伝子が含まれ、それらも合わせ ると計58〜76個の遺伝子となった。非免疫組織由来の細胞と比べて、免疫細胞ではPtprcPtpn6Ptpn22を含む8個のPTPをコードする遺伝子で発現の亢進が認められたが、PtprdTns1を含む11個のPTPをコードする遺伝子の発現はほとんど検出不可能であった。各免疫細胞系統には、発現レベルが免疫細胞の平均と比べて相対的に高い、あるいは低いPTPをコードする遺伝子が2〜18個あった。例えば、B細胞のPtprj、マクロファージのDusp3、樹状細胞のPtpro、マスト細胞のPtprgである。これらのPTPは、各細胞系統で重要な役割を果たしている可能性があり、われわれの解析は将来の機能研究への洞察を与えるものである。

Y. Arimura, J. Yagi, Comprehensive Expression Profiles of Genes for Protein Tyrosine Phosphatases in Immune Cells. Sci. Signal. 3, rs1 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年8月31日号

Editor's Choice

がん
実(Fak)のところ...

Editorial Guides

特集号: タンパク質リン酸化のシステム解析

Research Resources

免疫細胞におけるプロテインチロシンホスファターゼ遺伝子の包括的発現プロファイル

ヒトウイルスにおけるリン酸化部位の収集およびモチーフに基づく予測

Protocols

可逆的に酸化されたプロテインチロシンホスファターゼ・スーパーファミリーを標的にする

最新のResearch Resources記事

2013年10月29日号

体系的摂動解析およびシステム生物学解析を通して明らかになった酵母のシグナル伝達におけるセラミド種の異なる役割

2013年8月6日号

ヒト細胞における異なる194の受容体転写産物の同時プロファイリング

2013年7月23日号

シグナル伝達を時空間的に可視化する高感度FRETバイオセンサーを創作するための多目的ツールキット

2013年6月4日号

In vivoリン酸化プロテオミクス解析によりβ-アドレナリン作動性受容体シグナル伝達の心臓の標的を解明

2013年5月14日号

ヒトのホスファターゼ-基質ネットワークを解明する