• ホーム
  • 細菌が宿主細胞の代謝を操作する

細菌が宿主細胞の代謝を操作する

Bacterial manipulation of host cell metabolism

Editor's Choice

Sci. Signal. 29 May 2018:
Vol. 11, Issue 532, eaau2601
DOI: 10.1126/scisignal.aau2601

Annalisa M. VanHook

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

I.-J. Kim, J. Lee, S. J. Oh, M.-S. Yoon, S.-S. Jang, R. L. Holland, M. L. Reno, M. N. Hamad, T. Maeda, H. J. Chung,J. Chen, S. R. Blanke, Helicobacter pylori infection modulates host cell metabolism through VacA-dependent inhibition of mTORC1. Cell Host Microbe 23, 583-593.e8 (2018).
Google Scholar

ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)外毒素は、アミノ酸飢餓を誘導し、mTORC1シグナル伝達を阻害することによって、宿主細胞の代謝を操作する。

要約

ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)感染は、胃潰瘍およびがん発症の罹患率を増大させる。H. pylori外毒素の1つである空胞化サイトトキシンVacAは、細胞に侵入し、細胞内膜にチャネルを形成して、空胞新生、オートファジー、ミトコンドリア機能不全を引き起こす。Kimらは、H. pylori感染またはH. pyloriから分泌される因子への曝露によって、HEK293T細胞において、機能的vacAアレルを有する H. pylori株に依存する形で、機構的ラパマイシン標的タンパク質複合体1(mTORC1)シグナル伝達が阻害されることを見出した。精製VacAは、いくつかのヒト胃および十二指腸細胞株、初代培養マウス胃上皮細胞、マウス胃組織スライスにおいて、mTORC1シグナル伝達を阻害し、オートファジーを刺激した。栄養豊富条件下では、mTORC1がリソソーム膜に動員され、そこで活性化され、キナーゼUlk1を阻害することによってオートファジーを抑制する。しかし、栄養が制限されると、mTORC1がリソソームに動員されず、シグナル伝達活性が阻害され、Ulk1を介するオートファジー誘導が生じる。細胞をVacAで処理すると、細胞内アミノ酸が枯渇し、それによってmTORC1がリソソーム膜から解離し、Ulk1活性化が刺激された。mTORC1がリソソーム膜から解離しないようにした場合、またはVacAがミトコンドリアを標的にするためのN末端ドメインを欠損した場合には、VacAはmTORC1シグナル伝達を低下させなかった。VacA誘導性のミトコンドリア断片化を妨げると、VacA依存性のmTORC1シグナル伝達阻害とオートファジー刺激が阻止された。VacAが細胞内アミノ酸を減少させる正確な機構は発見されなかったが、これらの結果は、このH. pylori毒素が、効果的にアミノ酸飢餓を誘導することによって、宿主細胞の代謝状態を根本的に変化させることを示している。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年5月29日号

Editor's Choice

細菌が宿主細胞の代謝を操作する

Research Article

トロンボスポンジン1はコラーゲンおよびリジルオキシダーゼの前駆体やコラーゲン架橋結合部位と相互作用することによってマトリックスの恒常性維持を促進する

貪食された光受容体外側セグメントは網膜色素上皮においてmTORC1を活性化する

Ric-8Aの二重リン酸化は、それがGタンパク質αサブユニットのフォールディングを媒介し、グアニンヌクレオチド交換を刺激する能力を強化する

多量のエネルギーを要する胚中心形成の過程でB細胞を助けるために、R-Ras2が必要

最新のEditor's Choice記事

2021年10月5日号

T細胞療法のためのIL-2の改善

2021年9月28日号

腫瘍の覆いを取る

2021年9月21日号

レプチンをその標的まで輸送する

2021年9月14日号

免疫寛容のための胆汁酸

2021年9月7日号

インスリンとTreg細胞