• ホーム
  • ステロイドが炎症組織の粘着性を低下させる

ステロイドが炎症組織の粘着性を低下させる

Steroids make inflamed tissues less sticky

Editor's Choice

Sci. Signal. 25 Feb 2020:
Vol. 13, Issue 620, eabb4096
DOI: 10.1126/scisignal.abb4096

John F. Foley

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

A. Ziogas, T. Maekawa, J. R. Wiessner, T. T. Le, D. Sprott, M. Troullinaki, A. Neuwirth, V. Anastasopoulou, S.Grossklaus, K.-J. Chung, M. Sperandio, T. Chavakis, G. Hajishengallis, V. I. Alexaki, DHEA inhibits leukocyte recruitment through regulation of the integrin antagonist DEL-1. J. Immunol. 204, 1214-1224 (2020). Abstract/FREE Full Text Google Scholar

ステロイドホルモンであるDHEAは、インテグリンアンタゴニストDEL-1の産生を回復することで炎症を軽減する。

要約

炎症が生じている間、腫瘍壊死因子(TNF)などのサイトカインが血管内皮を活性化して、罹患組織への白血球の動員を促進する。血中の白血球は始め血管内皮に沿って転がり、その後、しっかりと停止する。この停止は、白血球のインテグリンと内皮細胞表面の間の接着相互作用に依存している。次に白血球は血管外に出て炎症部位に遊走する。Ziogasらは、ステロイドホルモンであるデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)の抗炎症性の根底にある機構を検討した。精巣挙筋炎症のマウスモデルにおいて、DHEAは血管内皮への白血球接着を阻害したが、インテグリンの活性化または血管内皮接着分子の存在量に直接影響することはなかった。ヒト内皮細胞(HUVEC)をTNFに曝露したとき、β2-インテグリンに媒介される内皮細胞への白血球接着を阻害する分泌性糖タンパク質であるDEL-1の、mRNAおよびタンパク質量が減少した。DHEAの前処理によりDEL-1産生に対するTNFの影響が解消され、これは、DHEAを介したキナーゼPI3KおよびAktの活性化、ならびに細胞表面受容体であるトロポミオシン関連キナーゼA(TRKA)に依存していた。リポ多糖誘導性肺炎症のマウスモデルにおいて、DHEA前処理マウスでは溶媒前処理マウスに比べて肺に動員される好中球数が減少していた。ただし、DEL-1欠損マウスではDHEAの抗炎症作用は消失していた。まとめるとこれらのデータは、DHEAがDEL-1の発現を回復させることでTRKA-PI3K-Akt軸を介して炎症を軽減すること、また、それに続いて炎症組織への白血球の接着と動員を阻害することを示唆している。この経路を治療標的とすることが、炎症性疾患の治療に役立つかもしれない。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年2月25日号

Editor's Choice

ステロイドが炎症組織の粘着性を低下させる

Research Article

基質のトポロジーシグナルに対する有糸分裂細胞の応答は接着の分子的性質に依存しない

統合解析はNF-κBダイナミクスの細胞型特異的デコードを示唆

最新のEditor's Choice記事

2020年7月7日号

脂肪細胞が創傷の治癒を助ける

2020年6月30日号

新たなつながり:神経発生のスイッチ

2020年6月23日号

ROSで眠れない

2020年6月16日号

GPCRシグナル伝達における細胞膜の姿を明らかにする

2020年6月9日号

淋菌(Neisseria gonorrhoeae)との密接な遭遇