• ホーム
  • 計算生物学 計算可能な細胞:個別化医療への一歩

計算生物学
計算可能な細胞:個別化医療への一歩

COMPUTATIONAL BIOLOGY
The computable cell: A step toward personalized medicine

Editorial Guides

Sci. Signal. 22 Dec 2015:
Vol. 8, Issue 408, pp. eg6
DOI: 10.1126/scisignal.aae0544

Nancy R. Gough*

Editor, Science Signaling, AAAS, 1200 New York Avenue NW, Washington, DC, 20005, USA.

* Corresponding author. E-mail: ngough@aaas.org

要約  参照ヒト細胞の動的生化学的特性に関する包括的量的データは、ヒト組織試料などの複雑な系から量的データを収集するための新技術を検証するためのプラットフォームとなる。これにより、特定の生物学的問題を詳しく調べ、データ内に残存するギャップを特定し、データの相互運用性およびカタログ化を評価するための計算モデルを開発することができる。

Citation: N. R. Gough, The computable cell: A step toward personalized medicine. Sci. Signal. 8, eg6 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年12月22日号

Editor's Choice

宿主−病原体相互作用
ストレスが潜伏を克服する仕組み

Editorial Guides

計算生物学
計算可能な細胞:個別化医療への一歩

Research Article

バイオマーカーとしてのシグナル伝達経路モデル:JNK活性の患者別のシミュレーションは神経芽腫患者の生存期間を予測する

Orai1チャネル内のカルシウム蓄積領域(CAR)がCa2+の透過とSOCEに誘導される遺伝子転写を促進する

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割