• ホーム
  • 植物シグナル伝達の分子的詳細が明らかに

植物シグナル伝達の分子的詳細が明らかに

Unveiling the molecular details of plant signaling

Editorial Guides

Sci. Signal. 20 Sep 2016:
Vol. 9, Issue 446, pp. eg9
DOI: 10.1126/scisignal.aai9302

Nancy R. Gough*

Editor, Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding author. Email: ngough@aaas.org

要約  この編集ガイドは、植物シグナル伝達研究の新たな分野を詳述する。この分野の進歩は、増加する人口を養いつつ、自然を保持し、健全な地球を維持するための鍵となる。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年9月20日号

Editor's Choice

ブラシノステロイドシグナル伝達における可逆的アセチル化

Editorial Guides

植物シグナル伝達の分子的詳細が明らかに

Research Article

ロイシンセンサーSestrin2のアポ構造は依然として捉えがたい

植物界におけるヘテロ三量体Gタンパク質シグナル伝達機構の跳躍進化

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割