• ホーム
  • キナーゼの基質選択性を決定する全長PDK1の構造遷移を捕捉

キナーゼの基質選択性を決定する全長PDK1の構造遷移を捕捉

Capturing conformational transitions of full-length PDK1 that dictate kinase substrate selectivity

Focus

SCIENCE SIGNALING
13 Jun 2023 Vol 16, Issue 789
[DOI: 10.1126/scisignal.adh5114]

Laura Martínez-Arenas and Jose R. Bayascas*

Institut de Neurociències and Departament de Bioquímica i Biologia Molecular, Facultat de Medicina, Universitat Autònoma de Barcelona, 08193 Barcelona, Spain.

* Corresponding author. Email: joseramon.bayascas@uab.cat

要約

PDK1は、構成的に活性のあるマスターキナーゼで、24もの酵素をリン酸化して活性化できる。これらの酵素はすべて、AGCファミリーセリンスレオニンプロテインキナーゼに属する。Science Signalingの今号で、Sacerdotiらは、異なる機能ドメイン間のアロステリックコミュニケーションがPDK1の選択性を基質の特定のサブセットに向けるしくみを明らかにしている。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2023年6月13日号

Editors' Choice

脆弱なアストロサイトからのシグナルの喪失

Focus

キナーゼの基質選択性を決定する全長PDK1の構造遷移を捕捉

Research Article

全長タンパク質の異なる立体構造によるキナーゼPDK1の基質特異性の調節

COVID-19ハムスターモデルにおいて宿主防御の作動の遅延がSARS-CoV-2ウイルス血症と遠位器官の増殖性感染を可能にする

最新のFocus記事

2024年6月25日号

シナプス可塑性の微調整:記憶におけるWWC1の役割を読み解くことで、治療に新たな展望が開ける

2024年5月28日号

ホスファチジルイノシトール 5-リン酸とHippo経路とのつながりが、がんの上皮間葉転換を阻止している

2023年12月19日号

RHOAドライバーは胃がんで別ルートを選ぶ

2023年11月28日号

アクチンをオフに:PD-1が免疫シナプスでF‐アクチンの再編成と脱顆粒を抑制する

2023年11月14日号

血管緊張の多用途調節因子としてのTMEM16Aアニオンチャネル