• ホーム
  • RHOAドライバーは胃がんで別ルートを選ぶ

RHOAドライバーは胃がんで別ルートを選ぶ

RHOA drivers take alternate routes in gastric cancer

Focus

SCIENCE SIGNALING
19 Dec 2023 Vol 16, Issue 816
[DOI: 10.1126/scisignal.adk9171]

Dorothy Benton and Jonathan Chernoff*

Fox Chase Cancer Center, 333 Cottman Ave, Philadelphia, PA 19111, USA.

* Corresponding author. Email: j_chernoff@fccc.edu

要約

発がん性の低分子量グアノシントリホスファターゼ(GTPase)は、内因性の生化学的機能に影響する限られた活性化変異セットによって特徴づけられることが多いが、胃がんにおいて高頻度で変異がみられるRHOAは、その取扱説明書を読んでいないようだ。以前、胃がんにおいてRHOAのY42C変異を特徴づけしたSchaeferらは、本誌今週号において、それよりわずかに頻度の低いL57V変異の特徴づけに取り組み、RHOAの個々の変異が多様で予測不可能なシグナル伝達結果をもたらしうることを明らかにした。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2023年12月19日号

Editors' Choice

TBはDNA修復を障害する

Focus

RHOAドライバーは胃がんで別ルートを選ぶ

Research Article

リジン脱メチル化酵素LSD1の阻害により、コロナウイルスに対する炎症応答と抗ウイルス応答のバランスを調節する

RHOAL57VはIGF1R-PAK1-YAP1シグナル伝達を介してびまん性胃がんの発生を駆動する

非標準IRAK4-IRAK1経路はTLR/IL-1Rシグナル伝達とは独立してDNA損傷誘発性アポトーシスに対抗する

最新のFocus記事

2024年6月25日号

シナプス可塑性の微調整:記憶におけるWWC1の役割を読み解くことで、治療に新たな展望が開ける

2024年5月28日号

ホスファチジルイノシトール 5-リン酸とHippo経路とのつながりが、がんの上皮間葉転換を阻止している

2023年12月19日号

RHOAドライバーは胃がんで別ルートを選ぶ

2023年11月28日号

アクチンをオフに:PD-1が免疫シナプスでF‐アクチンの再編成と脱顆粒を抑制する

2023年11月14日号

血管緊張の多用途調節因子としてのTMEM16Aアニオンチャネル