• ホーム
  • おお、ロミオ!ROM(e)O1!あなたはなぜROM(e)O1なの?

おお、ロミオ!ROM(e)O1!あなたはなぜROM(e)O1なの?

O ROM(e)O1, ROM(e)O1, Wherefore Art Thou ROM(e)O1?

Perspectives

Sci. Signal., 28 January 2014
Vol. 7, Issue 310, p. pe2
[DOI: 10.1126/scisignal.2005024]

Martina Semenzato and Luca Scorrano*

Department of Biology and Dulbecco-Telethon Institute, Venetian Institute of Molecular Medicine, University of Padova, Padova 35121, Italy.

* Corresponding author. E-mail: luca.scorrano@unipd.it

要約:ミトコンドリアは、活性酸素種(ROS)の発生源であるだけでなく、標的でもある。しかし、ROSがミトコンドリア機能に影響する分子機構は十分には定義されていない。今週号で、Screatonらは、ROS修飾タンパク質1(ROMO1)が、グアノシントリホスファターゼOpa1に依存したクリステ再構築とミトコンドリア融合を調節することによってROSとミトコンドリアの形態および超微細構造を関連づけることを報告する。彼らの研究は、酸化的環境がミトコンドリアの形態変化を引き起こす仕組みを示している。

M. Semenzato, L. Scorrano, O ROM(e)O1, ROM(e)O1, Wherefore Art Thou ROM(e)O1? Sci. Signal. 7, pe2 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年1月28日号

Editor's Choice

生理学
血管が肝臓の再生を指示する

Research Article

ROMO1はミトコンドリア動力学に不可欠なレドックス依存性制御因子である

STAT3によるmiR-146bの誘導は、NFκ-BからIL-6へのシグナル伝達軸とSTAT3誘導性のがん表現型を抑制するフィードバックループを形成する

Perspectives

おお、ロミオ!ROM(e)O1!あなたはなぜROM(e)O1なの?

内側からGPCRシグナル伝達にバイアスをかける

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する