• ホーム
  • 精子におけるカルシウムシグナル伝達:プロスタソームの手助け

精子におけるカルシウムシグナル伝達:プロスタソームの手助け

Calcium Signaling in Sperm: Help from Prostasomes

Perspectives

Sci. Signal., 17 May 2011
Vol. 4, Issue 173, p. pe27
[DOI: 10.1126/scisignal.2002102]

Dejian Ren*

Department of Biology, University of Pennsylvania, 415 South University Avenue, Philadelphia, PA 19104, USA.

* E-mail, dren@sas.upenn.edu

要約:哺乳類の精子細胞には、精子が受精に成功するために必須の精巧なCa2+シグナル伝達機構が備わっている。しかし、その他のほとんどの細胞とは異なり、成熟精子には通常、新しいタンパク質を合成する余裕がない。新たな研究報告によって、ヒト精子は、Ca2+シグナル伝達手段の決定的な必要性とタンパク質翻訳抑制のあいだの矛盾を解決するための、極めて巧妙な方法をもつことが示唆されている。女性生殖器に遭遇する直前に、精子は男性生殖器そのものから、すなわち前立腺から分泌されるプロスタソームから、Ca2+シグナル伝達の鍵となる分子のいくつかを獲得する。

D. Ren, Calcium Signaling in Sperm: Help from Prostasomes. Sci. Signal. 4, pe27 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年5月17日号

Editor's Choice

再生
プラナリア尾部の切断と再生

Research Article

プロスタソームから獲得されたCa2+シグナル伝達ツールはプロゲステロンが誘導する精子運動性に必要である

速効性アブシジン酸シグナル伝達による気孔閉鎖は、孔辺細胞の陰イオンチャネルのSLAH3および受容体RCAR1によって仲介される

Perspectives

精子におけるカルシウムシグナル伝達:プロスタソームの手助け

Presentations

新たな創薬標的を同定するためのネットワークに基づくツール

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する