輸送タンパク質

Transport Proteins

Teaching Resources

Sci. Signal., 16 April 2013
Vol. 6, Issue 271, p. tr3
[DOI: 10.1126/scisignal.2003456]

Jack D. Thatcher*

West Virginia School of Osteopathic Medicine, 400 North Lee Street, Lewisburg, WV 24901, USA.

* Corresponding author. E-mail: jthatcher@osteo.wvsom.edu

要約:このTeaching Resourceでは、輸送タンパク質の一般的な特性を図解する2つのアニメーション化された授業を提供し、詳述する。“輸送タンパク質クラス”と呼ばれる授業は、輸送タンパク質の主要なクラスおよびサブクラスを示す。“輸送体、作用機序”の授業は、輸送体とP型ATPアーゼ(アデノシントリホスファターゼ)ポンプがどのように機能するかを説明する。これらの動画は、これらの重要な因子を詳述する大学レベルの講座の貴重なリソースとして役立つ。動画を採用する講座としては、生物学、生化学、細胞生物学、生理学、生物物理学の入門講座などが考えられる。

J. D. Thatcher, Transport Proteins. Sci. Signal. 6, tr3 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年4月16日号

Editor's Choice

がん
転移を促す圧力

Research Article

タンパク質ホメオスタシスにおける栄養シグナル伝達:質を代償にして量を増やす

リン酸化プロテオーム解析が示唆するVEGFシグナル伝達および受容体チロシンキナーゼの活性化フィードバックにおけるmTORC2-FoxO1軸の関与

Teaching Resources

p53はバットマン:映画のプロットを利用して細胞周期制御を理解する

輸送タンパク質

最新のTeaching Resources記事

2015年2月3日号

CalDyx:骨格筋細胞内の興奮収縮連関におけるカルシウム動態についての対話型自習教育プログラム

2013年4月16日号

p53はバットマン:映画のプロットを利用して細胞周期制御を理解する

輸送タンパク質

2012年2月14日号

学部生の実習におけるアルファスクリーン技術を用いたcAMPの測定

2011年9月27日号

生物医学モデルの適合と誤差解析