• ホーム
  • 細菌走化性を制御する細胞内シグナル伝達構成要素の直接的イメージング

細菌走化性を制御する細胞内シグナル伝達構成要素の直接的イメージング

Direct Imaging of Intracellular Signaling Components That Regulate Bacterial Chemotaxis

Research Article

Sci. Signal., 1 April 2014
Vol. 7, Issue 319, p. ra32
[DOI: 10.1126/scisignal.2004963]

Hajime Fukuoka1,2, Takashi Sagawa2, Yuichi Inoue1,2, Hiroto Takahashi1, and Akihiko Ishijima1,2*

1 Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University, Aoba-ku, Sendai 980-8577, Japan.
2 Graduate School of Life Sciences, Tohoku University, Aobak-ku, Sendai 980-8577, Japan.

* Corresponding author. E-mail: ishijima@tagen.tohoku.ac.jp

要約:細菌走化性システムは、細胞内シグナル伝達分子であるリン酸化型CheY(CheY-P)を通して、鞭毛モーターの回転方向を制御する。CheY-Pのモーターへの結合が、モーターの回転方向を反時計回りから時計回りに変えると信じられている。われわれは、生細胞において、緑色蛍光タンパク質タグ付加CheYとモーターの回転スイッチングを同時に可視化することで、モーターの回転スイッチが、CheY-Pの結合と分離によって直接制御されていることを実証した。13±7個のCheY-P分子の結合は、時計回りの回転を誘導するのに十分であり、スイッチング中、CheY-P分子は〜100 ms以内にモーターと結合・分離した。このように、われわれは、細胞内シグナル伝達タンパク質によるシグナル伝達経路のアウトプットの制御を直接測定した。

H. Fukuoka, T. Sagawa, Y. Inoue, H. Takahashi, A. Ishijima, Direct Imaging of Intracellular Signaling Components That Regulate Bacterial Chemotaxis. Sci. Signal. 7, ra32 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年4月1日号

Editor's Choice

細胞生物学
糖でストレスを抑える

Research Article

ASS1欠損乳がん細胞ではアルギニン飢餓によってミトコンドリアの呼吸機能が低下する

細菌走化性を制御する細胞内シグナル伝達構成要素の直接的イメージング

Reviews

蛍光ツールによる経時的シグナル伝達ダイナミクスの可視化と操作

最新のResearch Article記事

2017年4月18日号

カリウムの恒常性制御は枯草菌における二次メッセンジャー、サイクリック-ジAMPの必須機能である

キナーゼTPL2がERKとp38のシグナル伝達を活性化し、好中球性炎症を促進する

2017年4月11日号

転写因子MAFKは標的GPNMBを介してトリプルネガティブ乳がん細胞のEMTと悪性進行を誘導する

YAPを介した機械的シグナル伝達が損傷に対するポドサイトの応答を決定する

2017年4月4日号

アストロサイトから放出される細胞外小胞が炎症性脳病変に対する末梢の白血球応答を調節する