• ホーム
  • Gαヘリックスドメインによるシグナルの活性化と不活性化:Gタンパク質シグナル伝達において長らく無視されてきたパートナー

Gαヘリックスドメインによるシグナルの活性化と不活性化:Gタンパク質シグナル伝達において長らく無視されてきたパートナー

Signal Activation and Inactivation by the Gα Helical Domain: A Long-Neglected Partner in G Protein Signaling

Reviews

Sci. Signal., 29 May 2012
Vol. 5, Issue 226, p. re2
[DOI: 10.1126/scisignal.2003013]

Henrik G. Dohlman* and Janice C. Jones

Department of Biochemistry and Biophysics, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.

*Corresponding author. E-mail: hdohlman@med.unc.edu

要約:ヘテロ三量体グアニンヌクレオチド結合タンパク質(Gタンパク質)は、数多くのシグナル伝達経路の頂点に位置する。Gタンパク質αサブユニットは、Rasに類似したドメインと、αヘリックスのみで構成されるドメインの2つのドメインから成る。歴史的には、ほとんどの注目はRas様ドメインに集まっているが、新たな研究結果によって、ヘリックスドメインが、Gタンパク質シグナル伝達に積極的に関与することが明らかになっている。

H. G. Dohlman, J. C. Jones, Signal Activation and Inactivation by the Gα Helical Domain: A Long-Neglected Partner in G Protein Signaling. Sci. Signal. 5, re2 (2012).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2012年5月29日号

Editor's Choice

BADな代謝の選択

Editorial Guides

特集:シグナル伝達の構築、ドメインから複合体まで

Research Article

アンキリン・リピートのタンブラー錠によるPxLPxI/Lモチーフの配列特異的認識

Reviews

Gαヘリックスドメインによるシグナルの活性化と不活性化:Gタンパク質シグナル伝達において長らく無視されてきたパートナー

Toll様受容体‐インターロイキン1受容体スーパーファミリーにおける大型オリゴマーシグナロソームの会合に関する構造的洞察

最新のReviews記事

2018年1月2日号

腫瘍壊死因子スーパーファミリーシグナル伝達の構造原則

2017年12月5日号

HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

2017年11月14日号

PKMζと記憶の維持の遺伝学

2017年8月22日号

アダプター分子RIAMは免疫機能およびがん進行のインテグリン媒介制御に重要なシグナル伝達事象を統合する

2017年8月15日号

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる