• ホーム
  • 自然免疫 火のつきやすい粘液

自然免疫
火のつきやすい粘液

Innate Immunity
Inflammable Mucus

Editor's Choice

Sci. Signal., 18 March 2014
Vol. 7, Issue 317, p. ec71
[DOI: 10.1126/scisignal.2005282]

Jason D. Berndt

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

M. Wlodarska, C. A. Thaiss, R. Nowarski, J. Henao-Mejia, J.-P. Zhang, E. M. Brown, G. Frankel, M. Levy, M. N. Katz, W. M. Philbrick, E. Elinav, B. B. Finlay, R. A. Flavell, NLRP6 inflammasome orchestrates the colonic host-microbial interface by regulating goblet cell mucus secretion. Cell 156, 1045–1059 (2014). [Abstract]

NLRP6(NOD様受容体ファミリーピリンドメイン含有タンパク質6)を欠損したマウスは、腸の恒常性が障害されており、腸感染に対する感受性が亢進している。NLRPは、細胞質に存在するインフラマソームタンパク質複合体の構成要素である。インフラマソームは、骨髄性細胞に典型的に見出され、病原体および損傷関連分子パターンに対する自然免疫応答を促進する。Wlodarskaらは、NLRP6インフラマソームが、腸上皮細胞において粘液の産生に必要とされることを見出した。シトロバクター・ローデンチウム(Citrobacter rodentium)を接種されたNlrp6–/–マウスは、野生型マウスと比較して、より持続的で重度の結腸感染を有した。同様に、Asc–/–マウスならびにCaspase-1–/–およびCaspase-11–/–Casp1/11–/–)マウスを含む、インフラマソームの他の構成要素を欠損したマウスも、結腸感染を治癒させることができなかった。この影響は、免疫活性化の一次的な障害によるものではないと考えられた。その代わり、著者らは、粘液を分泌する杯細胞でNlrp6が発現されており、Nlrp6–/–Asc–/–、およびCasp1/11–/–マウスは、杯細胞の過形成を有し、腸粘液が少ないことを見出した。Nlrp6–/–およびAsc–/–マウスでは、ムチン含有顆粒が杯細胞内部ではなく腸内腔に存在したことから、杯細胞の顆粒エキソサイトーシスが障害されていることが示唆された。Nlrp6–/–Asc–/–、およびCasp1/11–/–マウスの杯細胞では、LC3(微小管関連タンパク質1軽鎖3)の脂質付加が減少しており、p62(sequestosome 1としても知られる)の存在量が増加していたことから、これらの細胞でオートファジーが障害されていることが示唆された。オートファジーに必要なオートファジー遺伝子5のヘテロ欠損を有するマウスでは、腸粘液が少なく、杯細胞の過形成、顆粒エキソサイトーシスの障害がみられた。このように、腸杯細胞におけるインフラマソームシグナル伝達は、粘液の産生と感染に対する抵抗性に必要なオートファジーを活性化する。

J. D. Berndt, Inflammable Mucus. Sci. Signal. 7, ec71 (2014).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2014年3月18日号

Editor's Choice

自然免疫
火のつきやすい粘液

Research Article

DishevelledのHuwe1を介するユビキチン化がWntシグナル伝達経路の負のフィードバックループを規定する

心筋細胞収縮期の機械化学情報伝達は局在化した一酸化窒素シグナル伝達により媒介される

腫瘍抑制因子IkarosはT細胞でNotch標的遺伝子のレパートリーを形づくる

Perspectives

機械化学的シグナル伝達が心の琴線を調律する

最新のEditor's Choice記事

2018年5月1日号

小胞体ストレスががんを阻害するとき

2018年4月24日号

新たなつながり:ユーイング肉腫の「ドライバー」がそのアキレス腱である

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ