• ホーム
  • ハイライト:がんにおけるRNA結合タンパク質

ハイライト:がんにおけるRNA結合タンパク質

Highlight: RNA-binding proteins in cancer

Editor's Choice

Sci. Signal. 19 Sep 2017:
Vol. 10, Issue 497, eaap9424
DOI: 10.1126/scisignal.aap9424

Michael B. Yaffe

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA; David H. Koch Institute for Integrative Cancer Research, MIT, Cambridge, MA 02139, USA

E. M. Amin, Y. Liu, S. Deng, K. S. Tan, N. Chudgar, M. W. Mayo, F. Sanchez-Vega, P. S. Adusumilli, N. Schultz, D. R.Jones, The RNA-editing enzyme ADAR promotes lung adenocarcinoma migration and invasion by stabilizing FAK.Sci. Signal. 10, eaah3941 (2017). Abstract/FREE Full Text  Google Scholar

ADARはFAKの安定化を通して肺腺がん細胞の遊走と浸潤を促進する。

要約
がんの進行と治療効果の調節因子としてRNA結合タンパク質(RNA-BP)の関与を示唆した論文や総説の数が増えつつある。本誌、今週号では、Aminと共同研究者らが、ステージ1の肺腺がん患者においてRNA-BP ADAR1(二本鎖RNAに作用するアデノシンデアミナーゼの1アイソフォーム)をコードする遺伝子の腫瘍細胞による発現が腫瘍の再発、進行および予後不良と相関することを明らかにしている。特筆すべきは、ADAR1の発現が肺腺がん細胞におけるアクチン細胞骨格、侵襲性および間葉系表現型を調節している、ということであった。その基礎にある分子機構には、ADAR1を介した、細胞質の細胞骨格キナーゼFAKのイントロン内にある重要なアデノシンをイノシンに変換するmRNAの編集、その結果として生じるFAK mRNAの安定化とFAK活性レベルの亢進が関与していることが明らかとなった。ADAR1ノックダウン細胞の侵襲性のほとんどは外因性のFAKの発現によって回復することができ、FAKは腫瘍細胞の遊走と転移を制御できる重要なADAR1標的の1つであることが確認された。イントロンの編集というイベントを通じたFAK mRNAの安定化の亢進が、そのスプライシングも亢進するか否かは、直接検討していなかった。特定のRNA-BPを肺がんの臨床転帰と関連付けた本稿は、RNA-BPが腫瘍生物学の重要な制御因子であるという新たなエビデンスを加えている。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年9月19日号

Editor's Choice

ハイライト:がんにおけるRNA結合タンパク質

Research Article

RNA編集酵素ADARはFAKを安定化することによって肺腺がんの遊走と浸潤を促進する

筋小胞体の基礎をなす微小管構造が近接膜カップリング部位を支持して平滑筋の収縮性を調節する

TALK-1チャンネルがβ細胞小胞体のCa2+ホメオスタシスを制御する

最新のEditor's Choice記事

2018年5月1日号

小胞体ストレスががんを阻害するとき

2018年4月24日号

新たなつながり:ユーイング肉腫の「ドライバー」がそのアキレス腱である

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ