ジカとユビキチン

Zika and ubiquitin

Editor's Choice

Sci. Signal. 22 Sep 2020:
Vol. 13, Issue 650, eabe8636
DOI: 10.1126/scisignal.abe8636

John F. Foley

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

M. I. Giraldo, H. Xia, L. Aguilera-Aguirre, A. Hage, S. van Tol, C. Shan, X. Xie, G. L. Sturdevant, S. J. Robertson, K. L. McNally, K. Meade-White, S. R. Azar, S. L. Rossi, W. Maury, M. Woodson, H. Ramage, J. R. Johnson, N. J.Krogan, M. C. Morais, S. M. Best, P.-Y. Shi, R. Rajsbaum, Envelope protein ubiquitination drives entry and pathogenesis of Zika virus. Nature 585, 414-419 (2020). Google Scholar

ジカウイルスエンベロープタンパク質のユビキチン化がウイルス侵入と発病を誘導する

要約

ジカウイルス(ZIKV)は他のフラビウイルスと異なり、神経学的障害を引き起こし、生殖組織において複製する。このような特性の根底にある機構を検討するため、GiraldoらはZIKVまたはその他のフラビウイルスを感染させた細胞の質量分析に基づく解析を行い、翻訳後修飾を受けるウイルスタンパク質を同定した。ウイルス侵入に不可欠なZIKVのエンベロープ(E)タンパク質は、フラビウイルスで保存されている残基K38および保存されていない残基K281においてLys63(K63)結合型ポリユビキチン化を受けていた。E(K38R)およびE(K281R)というEタンパク質ユビキチン化部位で変異させた遺伝子組換え型ZIKVは、種々のヒト細胞株において複製が減弱していた。E(K281R) ZIKVを感染させたマウスは野生型ZIKVを感染させたマウスと比較し、特に脳および生殖組織のウイルス量が減少していたが、他の組織におけるウイルス量は比較的類似していた。脳および胎盤細胞株におけるE3ユビキチンリガーゼTRIM7の欠損は、野生型ZIKVの複製の低下に至ったが、E(K38R) ZIKVの複製は低下しなかった。ZIKV感染細胞においてTRIM7はゴルジに集合し、そこでEタンパク質と共局在していた。細胞から放出されたZIKV粒子ではK63ポリユビキチン化Eタンパクが検出可能であり、これはTRIM7欠損細胞から放出された粒子で比較的少なかった。ZIKVに感染させたTRIM7欠損マウスでは同じく感染させた野生型マウスに比較し、脳および生殖組織におけるウイルス量が少なかった。最後に、K63結合ユビキチンに対するモノクローナル抗体はin vitroおよびin vivoにおいてZIKVの複製を阻害したが、K48結合ユビキチンに対するモノクローナル抗体はこれを阻害しなかった。まとめるとこれらのデータは、ZIKVのEタンパク質のK63結合型ポリユビキチン化は、E3リガーゼTRIM7に依存して組織特異的にウイルス侵入を促進することを示唆している。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2020年9月22日号

Editor's Choice

ジカとユビキチン

Research Article

毎日のアルコール摂取は異常なシナプス剪定を引き起こしてシナプスの消失と不安様行動をもたらす

エストロゲン不応症に関連するERαの変異型はリガンド結合とコアクチベーター動員のカップリングに影響を与える

最新のEditor's Choice記事

2021年4月13日号

初期ストレスからうつ病への点つなぎ

2021年4月6日号

ARCがエラスターゼを解放する

2021年3月30日号

クレアチンのがんとの関係

2021年3月23日号

ミトコンドリアの損傷を感知

2021年3月16日号

転移性のNETを標的にする