• ホーム
  • 肝臓の健康に関する腸の感覚

肝臓の健康に関する腸の感覚

A gut feeling about liver health

Editor's Choice

Science Signaling 17 Aug 2021:
Vol. 14, Issue 696, eabl9296
DOI: 10.1126/scisignal.abl9296

Wei Wong

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA.

Y. Luo, S. Yang, X. Wu, S. Takahashi, L. Sun, J. Cai, K. W. Krausz, X. Guo, H. B. Dias, O. Gavrilova, C. Xie, C. Jiang, W. Liu, F. J. Gonzalez, Intestinal MYC modulates obesity-related metabolic dysfunction. Nat. Metab. 3, 923-939 (2021).
Google Scholar

腸管内の転写因子MYCの活性が脂肪肝を促進する。

要約

転写因子MYCは代謝の調節に関与している。Luoらは、腸管のMYCが、肝臓の脂質代謝と非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の発生にどのような影響を及ぼすのかを検討した。NASHはよくみられる代謝疾患であるが、治療選択肢が不足している。MYCの発現は、肥満者から採取された回腸遠位部の検体において増加しており、ボディーマス指数(BMI)と相関を示した。同様に、高脂肪食を与えたマウスでは、通常食を与えたマウスと比較して、腸管のMYC量がmRNAレベルとタンパク質レベルで多かった。腸管におけるヘテロ接合性のMYC欠損を有するマウスでは、高脂肪食を与えたときの体重増加と肝重量増加が小さかった。これらのマウスでは、耐糖能とインスリン抵抗性の改善、肝臓のトリグリセリドおよびコレステロール蓄積の減少、肝機能障害の減少も認められた。これらの効果は、肥満マウスにおいて、誘導性の腸管特異的なMYC欠失の後にも認められた。腸管のMYC欠失を誘導したマウスの解析により、腸管から分泌され、グルコースとインスリンの恒常性を促進するホルモンであるGLP1の循環濃度が増加していることが明らかになった。さらに、これらのマウスでは、肝脂肪合成を促進する生理活性脂質であるセラミドの循環濃度が低下しており、この効果は、新規セラミド合成経路の酵素であるセラミド合成酵素4(CERS4)をコードする遺伝子のMYC依存性転写の低下によって生じていた。高脂肪食を与えたマウスまたは高脂肪食給餌により肥満させたマウスに、MYC阻害剤10058-F4を投与すると、MYC欠損と同様の有益な効果が認められた。さらに、高脂肪・高コレステロール・高フルクトース食により誘発したNASHに起因する体重および肝重量の増加、肝臓の脂質蓄積、肝線維化が、MYC欠損によって軽減した。この食餌でNASHを発症したマウスでは、10058-F4投与により肝臓の線維化と機能障害が軽減した。したがって、腸管のMYC活性を標的とすることによって、肝臓の脂質とコレステロールの蓄積を制限し、NASHを含むいくつかの肝代謝疾患を減らせる可能性がある。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年8月17日号

Editor's Choice

肝臓の健康に関する腸の感覚

Research Article

CXCL12二量体が非定型ケモカイン受容体1に結合する

小型化され最適化されたキメラ可溶性gp130によるIL-6トランスシグナル伝達の選択的阻害はTH17細胞の増殖を阻害する

最新のEditor's Choice記事

2021年10月5日号

T細胞療法のためのIL-2の改善

2021年9月28日号

腫瘍の覆いを取る

2021年9月21日号

レプチンをその標的まで輸送する

2021年9月14日号

免疫寛容のための胆汁酸

2021年9月7日号

インスリンとTreg細胞