• ホーム
  • 免疫学 細菌をSLAMFでたたく

免疫学
細菌をSLAMFでたたく

Immunology
SLAMming Bacteria

Editor's Choice

Sci. Signal., 5 October 2010
Vol. 3, Issue 142, p. ec304
[DOI: 10.1126/scisignal.3142ec304]

Wei Wong

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

 

SLAMF(シグナル伝達リンパ球活性化分子ファミリー)受容体はこれまで、様々な免疫細胞において接着・共刺激分子としての役割を確立している が、Bergerらはさらに、SLAMF受容体が細菌の認識、貪食及び殺菌にも働いていることを明らかにした。Slamf1-/-マウスはグラム陰性細菌 である大腸菌(Escherichia coli)を排除しなかったが、グラム陽性細菌である黄色ブドウ球菌(Staphylococcu aureus)を排除するという点は、野生型マウスと差がなかった。NADPHオキシダーゼ2(NOX2)酵素複合体は活性酸素種(ROS)を産生して細菌を死滅させるが、Slamf1-/-マウスのマクロファージは大腸菌に応答してより少量のROSしか産生せず、より速やかに酸性化される細菌含有ファゴソームを産生した。ただし、黄色ブドウ球菌に対してはこのような応答は示さなかった。野生型のマクロファージに比べて、Slamf1-/-マウスのマクロファージでは、大腸菌含有ファゴソーム(黄色ブドウ球菌は含有しない)が成熟するまでに長い時間を要し、さらにSlamf1-/-マクロファージではプァゴソームへの細菌の輸送は遅れを示した。また、大腸菌含有ファゴソームではSLAMが検出されたが、黄色ブドウ球菌含有ファゴソームでは検出されなかった。SLAMのN末端細胞外ドメインは外膜ポリンのOmpCとOmpFを認識し、Slamf1-/-マクロファージに比べて、野生型マクロファージでは精製OmpCに応答して多量のROSが産生された。ホスファチジルイノシトール3リン酸[PtdIns(3)P]はNOX活性を刺激し、ファゴソームの成熟を促進する。したがって、Slamf1-/-マ クロファージの大腸菌含有ファゴソームではPtdIns(3)Pの産生は少なく、SLAMをRAW264.7マクロファージにトランスフェクションする と、ファゴソーム中のPtdIns(3)P含量が増大した。SLAMは、ベクリン-1とアダプタータンパク質のEAT-2を介して、 Vps34(PtdIns(3)Pを産生するキナーゼ)およびVps15(Vps34の調節サブユニット)と相互作用した。このように、SLAMFタンパ ク質は接着分子や共刺激分子として働くのに加えて、グラム陰性細菌の特定の膜たんぱく質に対するセンサーとしても働き、これらの細菌の排除を促す。

S. B. Berger, X. Romero, C. Ma, G. Wang, W. A. Faubion, G. Liao, E. Compeer, M. Keszei, L. Rameh, N. Wang, M. Boes, J. R. Regueiro, H.-C. Reinecker, C. Terhorst, SLAM is a microbial sensor that regulates bacterial phagosome functions in macrophages. Nat. Immunol. 11, 920?927 (2010). [PubMed]

W. Wong, SLAMming Bacteria. Sci. Signal. 3, ec304 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年10月5日号

Editor's Choice

免疫学
細菌をSLAMFでたたく

Research Article

アポリポタンパク質Eが虚血性脳のATP結合カセット輸送体を制御する

軸索における容積活性化アニオンチャネルからのATP放出を介する非シナプス性情報伝達

Perspectives

精子-卵相互作用の機構:糖と切断される結合の間

最新のEditor's Choice記事

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ

2018年3月27日号

新たなつながり:ROSによって治癒する

2018年3月20日号

新たなつながり:アルツハイマー病の病理学におけるアミロイドβ