• ホーム
  • アポリポタンパク質Eが虚血性脳のATP結合カセット輸送体を制御する

アポリポタンパク質Eが虚血性脳のATP結合カセット輸送体を制御する

Apolipoprotein E Controls ATP-Binding Cassette Transporters in the Ischemic Brain

Research Article

Sci. Signal., 5 October 2010
Vol. 3, Issue 142, p. ra72
[DOI: 10.1126/scisignal.2001213]

Ayman ElAli and Dirk M. Hermann*

Department of Neurology, University Hospital Essen, University of Duisburg-Essen, Hufelandstrasse 55, D-45122 Essen, Germany.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: dirk.hermann@uk-essen.de

 

要約:アデノシン三リン酸(ATP)結合カセット(ABC)輸送体であるABCB1とABCC1は、薬理学的な 化合物の脳への到達を妨げる大脳毛細管が虚血状態のとき、その管腔膜および反管腔側膜において、存在量の同調的な変動を示す。われわれは、アポリポタンパ ク質E(ApoE)が虚血状態の毛細血管には存在するが反対側の対照には存在しないことを見出した。ApoEは、脳毛細管で構成的に発現しているApoE 受容体2(ApoER2)を通してシグナルを伝達し、c-Junアミノ末端キナーゼ1および2とc-Junの活性を低下させた。ApoEは、虚血後の ABCB1とABCC1の量を調節し、それによって虚血脳内の薬物蓄積を制御した。このデータに基づくと、ApoEシグナル伝達を阻害することによって薬 物の脳への送達を改善できるかもしれない。

A. ElAli, D. M. Hermann, Apolipoprotein E Controls ATP-Binding Cassette Transporters in the Ischemic Brain. Sci. Signal. 3, ra72 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年10月5日号

Editor's Choice

免疫学
細菌をSLAMFでたたく

Research Article

アポリポタンパク質Eが虚血性脳のATP結合カセット輸送体を制御する

軸索における容積活性化アニオンチャネルからのATP放出を介する非シナプス性情報伝達

Perspectives

精子-卵相互作用の機構:糖と切断される結合の間

最新のResearch Article記事

2018年4月17日号

トランケーションおよびモチーフに基づく全がん解析から腫瘍抑制キナーゼを解明

エストロゲン受容体αはT細胞の活性化と増殖を亢進することによってT細胞媒介性の自己免疫性炎症に寄与する

2018年4月10日号

酸素感知FixL-FixJ二成分シグナル伝達系の完全な構造

mTORC1が二孔チャネルTPC2を通したリソソームからのCa2+放出を制御する

キナーゼp38およびJNKの核移行は炎症誘発性がんを促進する