特集:炎症の機構

Focus Issue: Inflammatory mechanisms

Editorial Guides

Sci. Signal., 3 March 2015
Vol. 8, Issue 366, p. eg2
DOI: 10.1126/scisignal.aaa9599

John F. Foley*

Senior Editor, Science Signaling, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding author. E-mail: jfoley@aaas.org

要約  Science Signalingに掲載された研究によって、炎症応答のこれまで明らかにされていなかった調節因子が同定され、炎症を調整するフィードバック機構の特性が明らかになり、in vivoで炎症性疾患を消散させる治療法の可能性が示されている。

J. F. Foley, Focus Issue: Inflammatory mechanisms. Sci. Signal. 8, eg2 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年3月3日号

Editor's Choice

筋肉生物学
長鎖「非コードRNA」に隠れたカルシウム制御因子

Editorial Guides

特集:炎症の機構

Research Article

Ca2+シグナルはミトコンドリアCa2+ユニポーター遺伝子MCUのCREB媒介性発現を刺激することによりミトコンドリアの代謝を調節する

多発性硬化症のマウスモデルにおけるp38α–MKP-1シグナル伝達軸によるIL-17受容体シグナル伝達および組織の炎症の制御

ウイルス侵入経路がヒト形質細胞様樹状細胞によるI型インターフェロンの産生方法を決定する

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割