• ホーム
  • シグナル伝達研究を利用して疾患を理解し、治療する

シグナル伝達研究を利用して疾患を理解し、治療する

Leveraging signaling research to understand and treat disease

Editorial Guides

Sci. Signal. 29 Mar 2016:
Vol. 9, Issue 421, pp. eg4
DOI: 10.1126/scisignal.aaf6275

Michael B. Yaffe1,2,* and Nancy R. Gough3,*

1 Chief Scientific Editor, Science Signaling, American Association for the Advancement of Science (AAAS), Washington, DC 20005, USA.
2 David H. Koch Institute for Integrative Cancer Research, The Broad Institute, and the Departments of Biology and Biological Engineering, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA 02139, USA.
3 Editor, Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding author. E-mail: myaffe@mit.edu (M.B.Y.); ngough@aaas.org (N.R.G.)

要約  本号のEditorial Guideでは、盛んに研究されているシグナル伝達の分野について記載する。シグナル伝達の研究者が直面している課題は、どうすれば細胞および分子レベルでの解析によって得られた情報を高次の個体レベルの生理学および病態生理学の理解へとつなげることができるのかを解明することである。

Citation: M. B. Yaffe, N. R. Gough, Leveraging signaling research to understand and treat disease. Sci. Signal. 9, eg4 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年3月29日号

Editor's Choice

神経変性
PP2Aがアルツハイマーを助ける

Editorial Guides

シグナル伝達研究を利用して疾患を理解し、治療する

Research Article

キナーゼWNK1/HSN2を阻害するとGABAの阻害が解消されることによって神経障害性疼痛が寛解される

JAK2の阻害はチロシンキナーゼ阻害剤耐性EGFR変異を有する肺腺がんの感受性を高める

Research Resources

PLIF:タンパク質‐脂質相互作用を検出および定量評価する迅速かつ正確な方法

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割