• ホーム
  • どのくらいのヒトタンパク質インタラクトームがまだマッピングされていないのか

どのくらいのヒトタンパク質インタラクトームがまだマッピングされていないのか

How much of the human protein interactome remains to be mapped?

Editorial Guides

Sci. Signal. 10 May 2016:
Vol. 9, Issue 427, pp. eg7
DOI: 10.1126/scisignal.aaf6030

Marc Vidal

Marc Vidal, Center for Cancer Systems Biology (CCSB) and Department of Cancer Biology, Dana-Farber Cancer Institute, Boston, MA 02115, USA, and Department of Genetics, Harvard Medical School, Boston, MA 02215, USA.

* Corresponding author. Email: marc_vidal@dfci.harvard.edu

要約  体系的な手法を用いれば、ヒトタンパク質間インタラクトームの質の高い参照マップは手の届くところにある。そのような参照マップにより、研究者はゲノムデータを細胞表現型と結びつけることができ、ゲノム革命の成果を生物医学的応用のために十分に活用することが可能になる。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年5月10日号

Editor's Choice

乳幼児の失明を防ぐ

Editorial Guides

どのくらいのヒトタンパク質インタラクトームがまだマッピングされていないのか

Research Article

プロテインキナーゼCα(PKCαの機能獲得型変異はアルツハイマー病におけるシナプス異常を促進しうる

転写因子FOXF1はマイトジェン活性化プロテインキナーゼERK5を刺激することによって前立腺がんを促進する

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割