• ホーム
  • シグナル伝達タンパク質が注目の的に

シグナル伝達タンパク質が注目の的に

Signaling proteins in the spotlight

Editorial Guides

Sci. Signal. 12 Jul 2016:
Vol. 9, Issue 436, pp. eg8
DOI: 10.1126/scisignal.aah4114

Nancy R. Gough*

Editor, Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding author. Email: ngough@aaas.org

要約  シグナル伝達の分子的側面は依然として秘密のベールに包まれている部分が多い。今回のEditorial Guideでは、個々の分子レベル、高分子複合体レベルでの細胞調節について理解を深めることに関して、とくに興味深い領域を取り上げている。テクノロジーを進展させ、プロテオミクスとゲノミクスのデータを蓄積することにより、シグナル伝達ネットワークのこれまで知られていなかった構成要素、高分子複合体の空間的構造、ネットワークを通じた情報の流れが特異的な細胞反応を生む仕組みを解明する。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年7月12日号

Editor's Choice

グルタミン酸を放出してHIF-1αを安定化させる

Editorial Guides

シグナル伝達タンパク質が注目の的に

Research Article

二分子相補アフィニティ精製(BiCAP)により、ERBB2二量体の二量体特異的タンパク質相互作用が明らかに

自然免疫の記憶と恒常性はTLR3経路とTLR7経路とのクロストークを通じて取得される可能性がある

Research Resources

タンパク質の存在量パターンの保存からEGFR-MAPK経路の制御構造を解明

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割