• ホーム
  • 二分子相補アフィニティ精製(BiCAP)により、ERBB2二量体の二量体特異的タンパク質相互作用が明らかに

二分子相補アフィニティ精製(BiCAP)により、ERBB2二量体の二量体特異的タンパク質相互作用が明らかに

Bimolecular complementation affinity purification (BiCAP) reveals dimer-specific protein interactions for ERBB2 dimers

Research Article

Sci. Signal. 12 Jul 2016:
Vol. 9, Issue 436, pp. ra69
DOI: 10.1126/scisignal.aaf0793

David R. Croucher1,2,3,*, Mary Iconomou1,†, Jordan F. Hastings1,†, Sean P. Kennedy1,4,†, Jeremy Z. R. Han1, Robert F. Shearer1, Jessie McKenna1, Adrian Wan5, Joseph Lau5, Samuel Aparicio5,6, and Darren N. Saunders1,7,*

1 The Kinghorn Cancer Centre, Garvan Institute of Medical Research, Sydney, New South Wales 2010, Australia.
2 St. Vincent’s Hospital Clinical School, University of New South Wales, Sydney, New South Wales 2052, Australia.
3 School of Medicine, University College Dublin, Belfield, Dublin D4, Ireland.
4 Systems Biology Ireland, University College Dublin, Belfield, Dublin D4, Ireland.
5 Department of Molecular Oncology, British Columbia Cancer Research Centre, Vancouver, British Columbia V5Z 1L3, Canada.
6 Department of Pathology and Laboratory Medicine, University of British Columbia, Vancouver, British Columbia V6T 1Z4, Canada.
7 School of Medical Sciences, University of New South Wales, Sydney, New South Wales 2052, Australia.

* Corresponding author. Email: d.croucher@garvan.org.au (D.R.C.); d.saunders@unsw.edu.au (D.N.S.)

These authors contributed equally to this work.

要約  多タンパク質複合体の動的アセンブリは、多くの細胞シグナル伝達経路の中心的機序である。この過程は、急速に変化する細胞状態に対する、正確であるが、適応性のある反応に必要な時空間的特異性を維持する鍵である。本稿では、個々の構成部分や競合結合パートナーではない、2つの相互作用タンパク質の特異的単離および下流のプロテオーム特性評価の手法について述べる。この手法は構造特異的ナノ抗体の使用とアフィニティ精製を含むタンパク質断片相補アッセイを組み合わせたものであるため、われわれは二分子相補アフィニティ精製(BiCAP)と呼んでいる。本研究では、BiCAPを用いて、ホモ二量体またはEGFRもしくはERBB3とのヘテロ二量体としての上皮成長因子受容体(EGFR)ファミリーメンバーERBB2の特異的インタラクトームを明らかにした。また、主要なアダプタータンパク質について、二量体特異的パターンを特定し、これまで知られていなかった多数の相互作用パートナーを特定した。これらの新たに同定されたパートナーの一つの機能解析から、ERBB2:ERBB3ヘテロ二量体に特異的で、乳がん細胞中のアダプタータンパク質FAM59Aを介して作用する細胞外シグナル調節キナーゼ(ERK)活性化の非標準メカニズムが明らかになった。

Citation: D. R. Croucher, M. Iconomou, J. F. Hastings, S. P. Kennedy, J. Z. R. Han, R. F. Shearer, J. McKenna, A. Wan, J. Lau, S. Aparicio, D. N. Saunders, Bimolecular complementation affinity purification (BiCAP) reveals dimer-specific protein interactions for ERBB2 dimers. Sci. Signal. 9, ra69 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年7月12日号

Editor's Choice

グルタミン酸を放出してHIF-1αを安定化させる

Editorial Guides

シグナル伝達タンパク質が注目の的に

Research Article

二分子相補アフィニティ精製(BiCAP)により、ERBB2二量体の二量体特異的タンパク質相互作用が明らかに

自然免疫の記憶と恒常性はTLR3経路とTLR7経路とのクロストークを通じて取得される可能性がある

Research Resources

タンパク質の存在量パターンの保存からEGFR-MAPK経路の制御構造を解明

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される