• ホーム
  • 肝星細胞:悪評から一転、肝恒常性のメディエータへ

肝星細胞:悪評から一転、肝恒常性のメディエータへ

Hepatic stellate cells: From bad reputation to mediators of liver homeostasis

Focus

SCIENCE SIGNALING
30 May 2023 Vol 16, Issue 787
[DOI: 10.1126/scisignal.adh5460]

Katharina Schönberger and Jan S. Tchorz*

Novartis Institutes for BioMedical Research, Novartis Pharma AG, Basel, Switzerland.

* Corresponding author. Email: jan.tchorz@novartis.com

要約

器官の大きさと機能は、細胞の代謝回転の厳格な調節に決定的に依存している。本誌今週号でTrinhらは、肝星細胞が、ニューロトロフィン3の分泌を介して小葉中間体の肝細胞の増殖を刺激することによって、肝恒常性の維持において重要な役割を担っていることを明らかにした。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2023年5月30日号

Editors' Choice

コウモリのシグナルスイッチを切る

Focus

肝星細胞:悪評から一転、肝恒常性のメディエータへ

Research Article

ユビキチンリガーゼUhrf2はコレステロール生合成のマスター調節因子であり肝臓の再生に不可欠である

肝星細胞は肝細胞増殖を誘導するパラクリンニューロトロフィン3シグナル伝達を介して肝恒常性を維持する

最新のFocus記事

2024年6月25日号

シナプス可塑性の微調整:記憶におけるWWC1の役割を読み解くことで、治療に新たな展望が開ける

2024年5月28日号

ホスファチジルイノシトール 5-リン酸とHippo経路とのつながりが、がんの上皮間葉転換を阻止している

2023年12月19日号

RHOAドライバーは胃がんで別ルートを選ぶ

2023年11月28日号

アクチンをオフに:PD-1が免疫シナプスでF‐アクチンの再編成と脱顆粒を抑制する

2023年11月14日号

血管緊張の多用途調節因子としてのTMEM16Aアニオンチャネル