• ホーム
  • CaMKIIがNMDA受容体と結合すれば長期増強に十分である

CaMKIIがNMDA受容体と結合すれば長期増強に十分である

Binding of CaMKII to the NMDA receptor is sufficient for long-term potentiation

Focus

SCIENCE SIGNALING
24 Oct 2023 Vol 16, Issue 808
[DOI: 10.1126/scisignal.adk9224]

Johannes W. Hell*

Department of Pharmacology, University of California, Davis, CA 95616-8636, USA.

* Corresponding author. Email: jwhell@ucdavis.edu

要約

学習と、その基礎にあるグルタミン酸作動性シナプス強度の持続的増加[長期増強(LTP)と呼ばれる]には、NMDA型グルタミン酸受容体(NMDAR)を介するCa2+流入とキナーゼであるCaMKIIの両方が必要である。新たな研究結果から現在、CaMKIIは、単にNMDARのサブユニットGluN2Bに結合するだけでLTPを誘導することができ、キナーゼの触媒活性を必要としないことが示唆されている。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2023年10月24日号

Editors' Choice

アルツハイマー病における神経炎症の抑制

Focus

CaMKIIがNMDA受容体と結合すれば長期増強に十分である

Research Article

ヒトIL-17Aタンパク質産生はPIP5K1αに依存した翻訳チェックポイントを介して調節される

プリン作動性P2Y2受容体により誘導される内皮TRPV4チャネルの活性化が肺虚血-再灌流傷害を媒介している

最新のFocus記事

2024年6月25日号

シナプス可塑性の微調整:記憶におけるWWC1の役割を読み解くことで、治療に新たな展望が開ける

2024年5月28日号

ホスファチジルイノシトール 5-リン酸とHippo経路とのつながりが、がんの上皮間葉転換を阻止している

2023年12月19日号

RHOAドライバーは胃がんで別ルートを選ぶ

2023年11月28日号

アクチンをオフに:PD-1が免疫シナプスでF‐アクチンの再編成と脱顆粒を抑制する

2023年11月14日号

血管緊張の多用途調節因子としてのTMEM16Aアニオンチャネル