• ホーム
  • マスト細胞活性化におけるプロヒビチンの役割:位置が重要

マスト細胞活性化におけるプロヒビチンの役割:位置が重要

A Role for Prohibitin in Mast Cell Activation: Location Matters

Perspectives

Sci. Signal., 10 September 2013
Vol. 6, Issue 292, p. pe29
[DOI: 10.1126/scisignal.2004646]

Hajime Yurugi1 and Krishnaraj Rajalingam2*

1 Department of Molecular Biosciences, Faculty of Life Sciences, Kyoto Sangyo University, Kamigamo-Motoyama, Kitaku, Kyoto 603-8555, Japan.
2 Cell Death Signaling Group, Institute of Biochemistry II, Goethe University Medical School, Goethe University, Theodor Stern Kai 7, 60590 Frankfurt, Germany.

* Corresponding author. E-mail: krishna@biochem2.de

要約:プロヒビチン1(PHB1)およびPHB2は、進化的に保存された、広範に発現する多面的タンパク質であり、増殖や遊走、代謝、細胞死などの種々の基本的な細胞過程を制御する。腫瘍の転移、ウイルス侵入、免疫細胞活性化の調節に細胞膜結合PHBが果たすきわめて重要な役割が、研究によって明らかにされている。今回ある研究により、免疫グロブリンE(IgE)を介するマスト細胞活性化とアレルギー反応における、PHB1の役割が同定された。PHB1は主にマスト細胞の顆粒に局在した。しかし、抗原による刺激に反応して、PHB1は細胞膜脂質ラフトに移動し、高親和性IgE受容体FcεRIγおよび非受容体チロシンキナーゼSykと三元複合体を形成した。Sykが活性化され、それにより下流のシグナル伝達が活性化されて、マスト細胞の脱顆粒とサイトカインの分泌が刺激された。PHB1は、SrcファミリーチロシンキナーゼLynによってリン酸化され、細胞膜と結合するためにはパルミトイル化される必要があった。これらの観察結果によって、プロヒビチンの生物学についてこれまで不明であった一面が明らかになり、アレルギー反応時のマスト細胞においてIgEによるFcεRI活性化を推進する近位事象がさらに解明されている。

H. Yurugi, K. Rajalingam, A Role for Prohibitin in Mast Cell Activation: Location Matters. Sci. Signal. 6, pe29 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年9月10日号

Editor's Choice

宿主病原体相互作用
宿主防御の痛みを伴う破壊

Research Article

足場タンパク質プロヒビチンはマスト細胞の抗原刺激シグナル伝達に必要

Ajubaファミリータンパク質はJNKとHippoシグナル伝達をリンクする

Perspectives

マスト細胞活性化におけるプロヒビチンの役割:位置が重要

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する