• ホーム
  • シナプスとゲノム:裏で交わされる内緒話

シナプスとゲノム:裏で交わされる内緒話

Synapse and genome: An elusive tête-à-tête

Perspectives

Sci. Signal. 29 Sep 2015:
Vol. 8, Issue 396, pp. pe2
DOI: 10.1126/scisignal.aad2441

Erin A. Clark and Sacha B. Nelson*

Department of Biology and Center for Behavioral Genomics, Brandeis University, Waltham, MA 02454, USA.

*Corresponding author. E-mail: nelson@brandeis.edu

要約  最近発表された2本の論文は、DNAメチル化と恒常的可塑性の新たに浮上した接点に焦点を当てている。これらの研究の背景をより詳しく理解するために、この2本の論文によって裏付けの強化されたシナプスと核の関連について掘り下げる前に、まずDNAメチル化と可塑性の機構的関連について簡単にレビューし、同時に、より広い視野に立った研究の必要性を強調する。

Citation: E. A. Clark, S. B. Nelson, Synapse and genome: An elusive tête-à-tête. Sci. Signal. 8, pe2 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年9月29日号

Editor's Choice

免疫学
メラトニンによる寛解

Research Article

インスリン応答はAktによるTGF-β受容体の細胞表面への送達増強を介してTGF-βシグナル伝達の活性増加を統合する

グルタミン依存性α-ケトグルタル酸産生はヘルパーT1細胞と制御性T細胞の産生バランスを制御する

Perspectives

シナプスとゲノム:裏で交わされる内緒話

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する