• ホーム
  • グルココルチコイド受容体のDNA結合デコイはGasである

グルココルチコイド受容体のDNA結合デコイはGasである

Glucocorticoid Receptor DNA Binding Decoy Is a Gas

Perspectives

Sci. Signal., 9 February 2010
Vol. 3, Issue 108, p. pe5
[DOI: 10.1126/scisignal.3108pe5]

Michael J. Garabedian1,3* and Susan K. Logan2,3

1 Department of Microbiology, NYU School of Medicine, 550 First Avenue, New York, NY 10016, USA.
2 Department of Pharmacology, NYU School of Medicine, 550 First Avenue, New York, NY 10016, USA.
3 Department of Urology, NYU School of Medicine, 550 First Avenue, New York, NY 10016, USA.

* Corresponding author. E-mail, michael.garabedian@nyumc.org

要約:グルココルチコイド受容体(GR)は規範となるDNA結合転写因子であり、20年以上前に「応答配列」と 呼ばれる遺伝子のエンハンサー領域への結合が確認された最初のタンパク質の1つとして報告された。その後、膨大な量の研究によって、GRの転写調節はその 活動のほぼすべてのステップ、すなわちリガンド結合、核移行、転写補助因子の結合、DNA結合のステップで制御されることが明らかになってきた。GR調節 の主要な様式が判明したと思われた矢先に、新たな研究によって、細胞増殖停止の条件下でGRの転写活性が制御されるさらに別の機構が明らかになっている。 この場合に、GRの活性は、growth arrest-specific transcript 5遺伝子由来の低分子非コード RNA(ncRNA)によって抑制される。このncRNAは、折り畳まれて可溶性のグルココルチコイド応答配列様の配列になり、GRのDNA結合のデコイ として機能する。このような核酸分子の模倣による予想外の調節機構は、おそらくGRに限られたものではなく、転写因子のDNA結合を調節する他の ncRNAを探そうという関心に火をつけるであろう。

M. J. Garabedian, S. K. Logan, Glucocorticoid Receptor DNA Binding Decoy Is a Gas. Sci. Signal. 3, pe5 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年2月9日号

Editor's Choice

受容体
「二人なら良い仲間」

Research Article

ARD1によるTSC2の安定化がmTORシグナル伝達経路を介する腫瘍形成を抑制する

SUMO化はIGF-1受容体の核移行とシグナル伝達を媒介する

Perspectives

グルココルチコイド受容体のDNA結合デコイはGasである

最新のPerspectives記事

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する

2015年9月29日号

シナプスとゲノム:裏で交わされる内緒話

2015年9月1日号

PTENおよびLKB1ダブルノックアウトマウスにおいてがんを媒介するシグナル伝達経路を細かく分析する