• ホーム
  • 炎症における雑多な環境内でシグナル同士を選別する

炎症における雑多な環境内でシグナル同士を選別する

Sorting the Signals from the Signals in the Noisy Environment of Inflammation

Perspectives

Sci. Signal., 26 April 2011
Vol. 4, Issue 170, p. pe23
[DOI: 10.1126/scisignal.2002051]

William A. Muller*

Department of Pathology, Ward Building 3-140, Northwestern University Feinberg School of Medicine, 303 East Chicago Avenue, Chicago, IL 60611, USA.

* Telephone, (312) 503-8144; fax, (312) 503-8249; e-mail, wamuller@northwestern.edu

要約:壊死細胞は何十、おそらくは何百という炎症反応を刺激する分子を放出する。その環境中にある健常細胞は、他の炎症メディエーターを分泌することでこれに応答し、炎症反応を増幅させている。肝臓の急性壊死障害に対する反応として、好中球は限定した一連の分子キューにしがたい、類洞に沿って炎症組織内を移動し、壊死領域に移行する。これは生体顕微鏡を使ったリアルタイムのライブ映像でみた白血球移動から実証されている。壊死は、損傷関連分子パターン分子、間質炎症細胞、および好中球との間の複雑な相互作用を開始させる。これにより一連の明確な分子シグナルが生じ、好中球は、血中がまだ循環している領域では類洞に沿った血管内ケモカイン勾配に従い、また、非灌流領域ではホルミルペプチド勾配に従って壊死巣まで達することができる。

W. A. Muller, Sorting the Signals from the Signals in the Noisy Environment of Inflammation. Sci. Signal. 4, pe23 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年4月26日号

Editor's Choice

がん
周りにストレスを与える

Editorial Guides

特集:正しい方向に動く

Research Article

チオレドキシンはCRMP2の酸化依存性リン酸化と成長円錐の虚脱を仲介する

Perspectives

PI3Kと走化性:プライミングの問題?

炎症における雑多な環境内でシグナル同士を選別する

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する