HIFがNotchを一段階上げる

HIF Takes It Up a Notch

Perspectives

Sci. Signal., 12 July 2011
Vol. 4, Issue 181, p. pe33
[DOI: 10.1126/scisignal.2002277]

Eric A. Johnson*

Institute of Molecular Biology, University of Oregon, Eugene, OR 97403, USA.

* Corresponding author. E-mail, eric-johnson@molbio.uoregon.edu

 

要約:Notchシグナル伝達は、発生上の多くの状況において細胞運命の選択に用いられる。新たな証拠によって、ショウジョウバエ(Drosophila)の循環血液細胞は、隣接する細胞によって与えられるNotchリガンドの非存在下で、転写因子の低酸素誘導因子-α(HIF-α)による安定化を介して、Notchシグナル伝達を活性化させることが示されている。HIF-αは低酸素ストレス応答の重要な調節因子であるが、この場合には、パートナーであるHIF-βが無くても、Notch受容体と相互作用して安定化させることによって作用する。HIF-αとNotchのこのような役割は、パートナーのHIF-βを伴わず、通常の酸素分圧下でのHIF-αの活性から、リガンド非依存的なNotchの活性まで、さまざまな点で非定型であり、十分に研究されたシグナル伝達経路の他の非標準的な利用を同定するための課題として役立つ。

E. A. Johnson, HIF Takes It Up a Notch. Sci. Signal. 4, pe33 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年7月12日号

Editor's Choice

代謝
肥満と高血圧を切り離す

Research Article

痒みと痛覚過敏においてMrgprC11とPAR2の2つのGPCRが果たす異なる役割

Research Resources

ルシフェラーゼ相補性に基づくレポーターによるNotch活性のリアルタイムイメージング

Perspectives

HIFがNotchを一段階上げる

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する