• ホーム
  • 3型自然リンパ球におけるNotchシグナル伝達はその可塑性を調節する

3型自然リンパ球におけるNotchシグナル伝達はその可塑性を調節する

Notch signaling in group 3 innate lymphoid cells modulates their plasticity

Research Article

Sci. Signal. 03 May 2016:
Vol. 9, Issue 426, pp. ra45
DOI: 10.1126/scisignal.aaf2223

Sylvestre Chea1,2,3, Thibaut Perchet1,2,3, Maxime Petit1,2,3, Thomas Verrier3,4, Delphine Guy-Grand1, Elena-Gaia Banchi1,2,3, Christian A. J. Vosshenrich3,4, James P. Di Santo3,4, Ana Cumano1,2,3, and Rachel Golub1,2,3,*

1 Lymphopoiesis Unit, Immunology Department, Institut Pasteur, 75015 Paris, France.
2 Université Paris Diderot, Sorbonne Paris Cité, Cellule Pasteur, 75015 Paris, France.
3 INSERM U1223, 75015 Paris, France.
4 Innate Immunity Unit, Immunology Department, Institut Pasteur, 75015 Paris, France.

* Corresponding author. Email: rachel.golub@pasteur.fr

要約  Notchシグナル伝達経路は、進化を通じて保存され、細胞運命決定、分化、および増殖などの様々な過程を制御する。自然リンパ球(ILCS)は、自然免疫および組織リモデリングにおけるエフェクターおよび調節機能を果たす抗原受容体を欠くリンパ系細胞である。3型ILCS(ILC3)は、上皮バリアを強化し、腸内細菌叢との恒常性を維持する。われわれは、マウスの天然細胞傷害受容体陽性(NCR+)ILC3の集団が、発生要求性の異なる2つのサブセットから構成されることを実証した。主要なサブセットは、小腸粘膜固有層におけるNCR ILC3前駆細胞でのNotch2の活性化に依存し、その結果転写因子であるT-bet、RORγt、およびアリール炭化水素受容体(AhR)をコードする遺伝子の発現が促進された。Notchシグナル伝達は、より炎症誘発性であるサブセット、NCR+細胞へのNCR細胞からの転換に、細胞自律的に寄与した。Notchシグナル伝達の非存在下では、NCR ILC3のこのサブセットは、NCR+ ILC3の遺伝子発現プロファイルを獲得していなかった。NCR+ ILC3の第2のサブセットは、その発生あるいは転写因子の存在量の増加に、Notchを必要としなかった。しかしながら、そのサイトカイン産生およびNCRの細胞表面存在量は、Notchシグナル伝達の非存在下で減少した。合わせると、われわれのデータは、NotchがNCR+細胞の運命を制御することでILC3の可塑性を調節する因子であることを示唆する。

Citation: S. Chea, T. Perchet, M. Petit, T. Verrier, D. Guy-Grand, E.-G. Banchi, C. A. J. Vosshenrich, J. P. Di Santo, A. Cumano, R. Golub, Notch signaling in group 3 innate lymphoid cells modulates their plasticity. Sci. Signal. 9, ra45 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年5月3日号

Editor's Choice

アルツハイマー病ではアセチル化タウがシナプス可塑性を破壊する

Research Article

PERKは虚血ストレス後に血管新生増殖因子をコードするmRNAのIRES依存性翻訳の活性化を媒介する

3型自然リンパ球におけるNotchシグナル伝達はその可塑性を調節する

トランスフォーミング増殖因子βとNotchリガンドは3型自然リンパ球の可塑性調節において拮抗する環境信号として作用する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される