• ホーム
  • トランスフォーミング増殖因子βとNotchリガンドは3型自然リンパ球の可塑性調節において拮抗する環境信号として作用する

トランスフォーミング増殖因子βとNotchリガンドは3型自然リンパ球の可塑性調節において拮抗する環境信号として作用する

Transforming growth factor–β and Notch ligands act as opposing environmental cues in regulating the plasticity of type 3 innate lymphoid cells

Research Article

Sci. Signal. 03 May 2016:
Vol. 9, Issue 426, pp. ra46
DOI: 10.1126/scisignal.aaf2176

Charlotte Viant1,*, Lucille C. Rankin2,3,*, Mathilde J. H. Girard-Madoux1, Cyril Seillet2,3, Wei Shi2,4, Mark J. Smyth5, Laurent Bartholin6, Thierry Walzer7, Nicholas D. Huntington2,3, Eric Vivier1,8,†,‡, and Gabrielle T. Belz2,3,†,‡

1 Centre d’Immunologie de Marseille-Luminy, Aix-Marseille Université UM2, INSERM, U1104, CNRS UMR 7280, 13288 Marseille, France.
2 The Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research, Parkville, Victoria 3052, Australia.
3 Department of Medical Biology, University of Melbourne, Parkville, Victoria 3010, Australia.
4 Department of Computing and Information Systems, University of Melbourne, Parkville, Victoria 3010, Australia.
5 Immunology in Cancer and Infection Laboratory, QIMR Berghofer Medical Research Institute, Herston, Queensland 4006, Australia.
6 Centre de Recherche en Cancérologie de Lyon, INSERM U1052, CNRS UMR 5286, Université Lyon 1, Centre Léon Bérard, 69373 Lyon, France.
7 Centre International de Recherche en Infectiologie, INSERM U1111, 69364 Lyon, France.
8 Immunologie, Hôpital de la Conception, Assistance Publique–Hôpitaux de Marseille, 13385 Marseille, France.
Corresponding author. Email: vivier@ciml.univ-mrs.fr (E.V.); belz@wehi.edu.au (G.T.B.)

* These authors contributed equally to this work.

These senior authors contributed equally to this work.

要約  グループ3自然リンパ球(ILC3)は天然細胞傷害受容体(NCR)NKp46(Ncr1でコード)陽性または陰性サブセットから構成される。ILC3は腸や肺などの粘膜部位に存在し、何十億個もの共生微生物および潜在的有害病原体に曝露されている。様々なILC3サブセットがT細胞とともに、恒常性と免疫活性の均衡を維持している。本研究では、一時的にNcr1を発現させたマウスを用いて、遺伝子マッピングにより、これまで特徴づけされていなかったNCR ILC3サブセットを特定し、これまで明らかにされていなかったILC3集団内の異質性を明らかにした。さらに、NCR+表現型の維持には持続的なNotchシグナル伝達が必要であり、サイトカイントランスフォーミング増殖因子β(TGF-β)がNCR+ ILC3の発生を損なわせることも示した。以上、Notchシグナル伝達とTGF-βシグナル伝達の拮抗作用の均衡によって ILC3の可塑性が調節され、連続的な攻撃に対して恒常性が維持されている。

Citation: C. Viant, L. C. Rankin, M. J. H. Girard-Madoux, C. Seillet, W. Shi, M. J. Smyth, L. Bartholin, T. Walzer, N. D. Huntington, E. Vivier, G. T. Belz, Transforming growth factor–β and Notch ligands act as opposing environmental cues in regulating the plasticity of type 3 innate lymphoid cells. Sci. Signal. 9, ra46 (2016). 

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年5月3日号

Editor's Choice

アルツハイマー病ではアセチル化タウがシナプス可塑性を破壊する

Research Article

PERKは虚血ストレス後に血管新生増殖因子をコードするmRNAのIRES依存性翻訳の活性化を媒介する

3型自然リンパ球におけるNotchシグナル伝達はその可塑性を調節する

トランスフォーミング増殖因子βとNotchリガンドは3型自然リンパ球の可塑性調節において拮抗する環境信号として作用する

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される