• ホーム
  • オーファン受容体GPR15の天然リガンドが上皮へのリンパ球の動員を調節する

オーファン受容体GPR15の天然リガンドが上皮へのリンパ球の動員を調節する

A natural ligand for the orphan receptor GPR15 modulates lymphocyte recruitment to epithelia

Research Article

Sci. Signal. 12 Sep 2017:
Vol. 10, Issue 496, eaal0180
DOI: 10.1126/scisignal.aal0180

Thomas Suply1,*, Sébastien Hannedouche2,*, Nathalie Carte1, Jianping Li1, Bianka Grosshans1, Michael Schaefer1, Layla Raad1, Valérie Beck1, Solange Vidal1, Agnès Hiou-Feige1, Noémie Beluch1, Samuel Barbieri1, Johann Wirsching1, Nadine Lageyre1, Frank Hillger1, Corinne Debon1, Janet Dawson1, Philip Smith1, Vincent Lannoy2, Michel Detheux2, Francis Bitsch1, Rocco Falchetto1, Tewis Bouwmeester1, Jeffrey Porter3, Birgit Baumgarten1, Keith Mansfield3, José M. Carballido1, Klaus Seuwen1,†,‡, and Frédéric Bassilana1,†,‡

1 Novartis Institutes for BioMedical Research, CH-4056 Basel, Switzerland.
2 Ogeda SA, 6041 Gosselies, Belgium.
3 Novartis Institutes for BioMedical Research, 250 Massachusetts Avenue, Cambridge, MA 02139, USA.

‡ Corresponding author. Email: frederic.bassilana@novartis.com (F.B.); klaus.seuwen@novartis.com (K.S.)

* These authors contributed equally to this work.

† These senior authors contributed equally to this work.

要約
GPR15は、リンパ球にみられるオーファンGタンパク質共役受容体(GPCR)である。サル免疫不全ウイルスおよびHIV-2の共受容体として機能し、結腸の粘膜固有層および皮膚へのT細胞輸送に関与している。本稿では、ブタ結腸組織抽出物からの作動性GPR15リガンドの精製とその機能的特性について報告する。われわれがGPR15Lと名付けたこのリガンドは、ヒトにおいて、遺伝子C10ORF99にコードされ、ケモカインCCファミリーに類似した特徴をいくつか有する。GPR15Lは、結腸や皮膚のように、環境に曝露されたヒトおよびマウス上皮の一部にみられる。ヒトでは、子宮頸部にも豊富にみられる。皮膚では、免疫学的攻撃後やヒト疾患罹患時に、たとえば乾癬病変部で、容易に検出された。Gpr15l欠損マウスから野生型マウスへ皮膚を同種移植すると、移植片は実質的に保護された。これは、GPR15およびGPR15LがエフェクターT細胞応答の発生に必須の役割を果たしていることを示唆している。まとめると、今回のデータは、皮膚における免疫恒常性の維持に必要な受容体とリガンドのペアを同定するものであり、これらを調節できれば、乾癬などの皮膚疾患を治療するための新たな治療法となる可能性がある。

Citation: T. Suply, S. Hannedouche, N. Carte, J. Li, B. Grosshans, M. Schaefer, L. Raad, V. Beck, S. Vidal, A. Hiou-Feige, N. Beluch, S. Barbieri, J. Wirsching, N. Lageyre, F. Hillger, C. Debon, J. Dawson, P. Smith, V. Lannoy, M. Detheux, F. Bitsch, R. Falchetto, T. Bouwmeester, J. Porter, B. Baumgarten, K. Mansfield, J. M. Carballido, K. Seuwen, F. Bassilana, A natural ligand for the orphan receptor GPR15 modulates lymphocyte recruitment to epithelia. Sci. Signal. 10, eaal0180 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年9月12日号

Editor's Choice

漏れやすい核が老化をもたらす

化学療法、疼痛と腸内細菌叢

Research Article

オーファン受容体GPR15の天然リガンドが上皮へのリンパ球の動員を調節する

KRAS変異間葉系様NSCLC細胞におけるmiR-124によるオートファジー、NF-κBシグナル伝達および細胞の生存性の調節

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する