• ホーム
  • ヒト骨髄腫においてC反応性タンパク質はCD32-p38 MAPK-Twist軸を通して骨破壊を促進する

ヒト骨髄腫においてC反応性タンパク質はCD32-p38 MAPK-Twist軸を通して骨破壊を促進する

C-reactive protein promotes bone destruction in human myeloma through the CD32-p38 MAPK-Twist axis

Research Article

Sci. Signal. 12 Dec 2017:
Vol. 10, Issue 509, eaan6282
DOI: 10.1126/scisignal.aan6282

Jing Yang1,2,*,†, Zhiqiang Liu2,3,*, Huan Liu2,*, Jin He2, Jianling Yang2, Pei Lin4, Qiang Wang5, Juan Du6, Wencai Ma2, Zheng Yin7, Eric Davis2, Robert Z. Orlowski2, Jian Hou6, and Qing Yi5,†

1 Guangzhou Key Laboratory of Translational Medicine on Malignant Tumor Treatment, Affiliated Cancer Hospital and Institute of Guangzhou Medical University, Guangzhou 510095, China.
2 Department of Lymphoma/Myeloma, Division of Cancer Medicine, and the Center for Cancer Immunology Research, University of Texas MD Anderson Cancer Center, Houston, TX 77030, USA.
3 Department of Physiology and Pathology, Tianjin Medical University, Tianjin 300070, China.
4 Department of Hematopathology, Division of Pathology and Laboratory Medicine, University of Texas MD Anderson Cancer Center, Houston, TX 77030, USA.
5 Department of Cancer Biology, Lerner Research Institute, Cleveland Clinic, Cleveland, OH 44195, USA.
6 Department of Hematology, The Myeloma and Lymphoma Center, Changzheng Hospital, The Second Military Medical University, Shanghai 200085, China.
7 Department of Systems Medicine and Bioengineering, Houston Methodist Research Institute, Houston, TX 77030, USA.

† Corresponding author. Email: yiq@ccf.org (Q.Y.); jiyang@mdanderson.org (J.Y.)

* These authors contributed equally to this work.

要約
骨破壊は骨髄腫の顕著な特徴であり、患者の80%に認められる。骨髄腫細胞は破骨細胞を活性化することで骨破壊を促進する。その発症機構を研究する中で、われわれは、骨髄腫由来サイトカインに応答して肝細胞からの分泌が増加するタンパク質であるC反応性タンパク質(CRP)が、in vivoにおいて骨髄腫細胞を活性化して破骨細胞産生および骨破壊を促進することを見出した。ヒト骨移植片を有し、多発性骨髄腫細胞が注射されたマウスにおいて、CRPは骨髄腫細胞の表面CD32(別名FcγRII)に結合し、これがp38 MAPKキナーゼおよび転写因子Twistを介する経路を活性化し、細胞による骨溶解性サイトカインの分泌を増強した。さらに、新たに診断された骨髄腫患者から採取した臨床検体を解析したところ、血清CRPと骨溶解性骨病変の数に正の相関があることが明らかにされた。これらの所見は、骨髄腫細胞が活性化されて骨破壊を促進する機構を立証し、患者における骨髄腫関連骨疾患の予防または治療するためにCRPを標的にできる可能性を示唆している。

Citation: J. Yang, Z. Liu, H. Liu, J. He, J. Yang, P. Lin, Q. Wang, J. Du, W. Ma, Z. Yin, E. Davis, R. Z. Orlowski, J. Hou, Q. Yi, C-reactive protein promotes bone destruction in human myeloma through the CD32-p38 MAPK-Twist axis. Sci. Signal. 10, eaan6282 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年12月12日号

Editor's Choice

Ca2+サイクリングによって熱を産生する

Research Article

加齢によってヒト単球でのインターフェロン誘導に必要な一次・二次RIG-Iシグナル伝達が両方とも損なわれる

RhoBは移動Tリンパ球においてLFA-1のRab11によるリサイクルと表面再提示を制御する

ヒト骨髄腫においてC反応性タンパク質はCD32-p38 MAPK-Twist軸を通して骨破壊を促進する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する