• ホーム
  • ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

Mitochondrial DNA alterations underlie an irreversible shift to aerobic glycolysis in fumarate hydratase-deficient renal cancer

Research Article

Sci. Signal. 05 Jan 2021:
Vol. 14, Issue 664, eabc4436
DOI: 10.1126/scisignal.abc4436

Daniel R. Crooks1,*, Nunziata Maio2,*, Martin Lang1, Christopher J. Ricketts1, Cathy D. Vocke1, Sandeep Gurram1, Sevilay Turan3, Yun-Young Kim1, G. Mariah Cawthon1, Ferri Sohelian4, Natalia De Val4, Ruth M. Pfeiffer5, Parthav Jailwala6,7, Mayank Tandon6,7, Bao Tran3, Teresa W.-M. Fan8, Andrew N. Lane8, Thomas Ried9, Darawalee Wangsa9, Ashkan A. Malayeri10, Maria J. Merino11, Youfeng Yang1, Jordan L. Meier12, Mark W. Ball1, Tracey A. Rouault2, Ramaprasad Srinivasan1, and W. Marston Linehan1,†

  1. 1 Urologic Oncology Branch, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, Bethesda, MD 20892, USA.
  2. 2 Molecular Medicine Branch, Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development, Bethesda, MD 20892, USA.
  3. 3 Sequencing Facility, Frederick National Laboratory for Cancer Research, Leidos Biomedical Research Inc., Frederick, MD 21701, USA.
  4. 4 Electron Microscopy Laboratory, Frederick National Laboratory for Cancer Research, Leidos Biomedical Research Inc., Frederick, MD 21702, USA.
  5. 5 Biostatistics Branch, Division of Cancer Epidemiology and Genetics, National Cancer Institute, Rockville, MD 20850, USA.
  6. 6 CCR Collaborative Bioinformatics Resource (CCBR), Frederick National Laboratory for Cancer Research, Leidos Biomedical Research Inc., Frederick, MD 21702, USA.
  7. 7 Advanced Biomedical Computational Science, Frederick National Laboratory for Cancer Research, Leidos Biomedical Research Inc., Frederick, MD 21702, USA.
  8. 8 Center for Environmental and Systems Biochemistry, Department of Toxicology and Cancer Biology and Markey Cancer Center, University of Kentucky, Lexington, KY 40536, USA.
  9. 9 Genetics Branch, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, Bethesda, MD 20892, USA.
  10. 10 Radiology and Imaging Sciences, Clinical Center, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892, USA.
  11. 11 Genitourinary Pathology Section, Laboratory of Pathology, National Cancer Institute, Bethesda, MD 20892, USA.
  12. 12 Epigenetics and Metabolism Section, Chemical Biology Laboratory, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, Frederick, MD 21702, USA.

† Corresponding author. Email: wml@nih.gov

* These authors contributed equally to this work.

要約

がんの代謝基盤を明らかにするためには、好気的解糖へのワールブルクシフトの機構を理解することがきわめて重要である。遺伝性平滑筋腫症および腎細胞がん(HLRCC)は、クレブス回路酵素であるフマル酸ヒドラターゼをコードする遺伝子の両アレル不活性化、早期の好気的解糖へのシフト、急速な転移を特徴とする進行性がんである。われわれは、HLRCC患者の腫瘍において、ミトコンドリア呼吸鎖の障害を観察した。生化学分析とトランスクリプトーム解析から、腫瘍における呼吸鎖機能障害は、ミトコンドリアDNA(mtDNA)量の著しい減少とmtDNA変異の増加により、mtDNAにコードされる呼吸鎖複合体サブユニットの発現が消失したために生じたことが明らかになった。グルコース依存性ヒトがんのこの原型モデルにおいて、HLRCC腫瘍におけるフマル酸の蓄積により、mtDNAの複製とプルーフリーディングを担うコア因子が不活性化され、呼吸鎖成分が欠損し、その結果、好気的解糖へのシフトと疾患の進行が促進されることが示された。

Citation: D. R. Crooks, N. Maio, M. Lang, C. J. Ricketts, C. D. Vocke, S. Gurram, S. Turan, Y.-Y. Kim, G. M. Cawthon, F. Sohelian, N. De Val, R. M. Pfeiffer, P. Jailwala, M. Tandon, B. Tran, T. W.-M. Fan, A. N. Lane, T. Ried, D. Wangsa, A. A. Malayeri, M. J. Merino, Y. Yang, J. L. Meier, M. W. Ball, T. A. Rouault, R. Srinivasan, W. M. Linehan, Mitochondrial DNA alterations underlie an irreversible shift to aerobic glycolysis in fumarate hydratase-deficient renal cancer. Sci. Signal. 14, eabc4436 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年1月5日号

Research Article

ミトコンドリアDNAの変化がフマル酸ヒドラターゼ欠損腎がんにおける好気的解糖への不可逆的シフトの基礎にある

カンピロバクター・ジェジュニの化学受容器Tlp10は二峰性のリガンド結合ドメインと複数のクラスの化学エフェクターへの特異性を持つ

最新のResearch Article記事

2021年1月19日号

内皮TLR2は血管新生促進性の免疫細胞動員と腫瘍血管新生を促進する

NF-κBはサイトカイン濃度変化の絶対値に応答する

持続的な抗原入力に対する幅広い親和性でのCD8+ T細胞応答の完全適応は共刺激によって克服される

2021年1月12日号

ACE2およびインテグリンβ3の細胞質側の短鎖モチーフが、SARS-CoV-2宿主細胞受容体を、エンドサイトーシスおよびオートファジーのメディエーターにリンクする

増強されたBMPシグナル伝達はオートファジー性βカテニン分解を抑制することによって頭蓋神経堤細胞の分化運命を軟骨形成に決定づける