• ホーム
  • COVID-19に対する性特異的な免疫応答の根底にはキヌレン酸があるかもしれない

COVID-19に対する性特異的な免疫応答の根底にはキヌレン酸があるかもしれない

Kynurenic acid may underlie sex-specific immune responses to COVID-19

Research Article

Science Signaling 06 Jul 2021:
Vol. 14, Issue 690, eabf8483
DOI: 10.1126/scisignal.abf8483

Yuping Cai1,2, Daniel J. Kim3, Takehiro Takahashi3, David I. Broadhurst4, Hong Yan1, Shuangge Ma5, Nicholas J. W. Rattray6, Arnau Casanovas-Massana7, Benjamin Israelow3,8, Jon Klein3, Carolina Lucas3, Tianyang Mao3, Adam J. Moore7, M. Catherine Muenker7, Ji Eun Oh3, Julio Silva3, Patrick Wong3, Yale IMPACT Research team, Albert I. Ko7, Sajid A. Khan9, Akiko Iwasaki3,10, Caroline H. Johnson1*

  1. 1 Department of Environmental Health Sciences, Yale School of Public Health, New Haven, CT 06510, USA.
  2. 2 Interdisciplinary Research Center on Biology and Chemistry, Shanghai Institute of Organic Chemistry, Chinese Academy of Sciences, Shanghai 200032, China.
  3. 3 Department of Immunobiology, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06520, USA.
  4. 4 Centre for Integrative Metabolomics and Computational Biology, School of Science, Edith Cowan University, Joondalup 6027, Australia.
  5. 5 Department of Biostatistics, Yale School of Public Health, New Haven, CT 06510, USA.
  6. 6 Strathclyde Institute of Pharmacy and Biomedical Sciences, University of Strathclyde, Glasgow G4 0RE, UK.
  7. 7 Department of Epidemiology of Microbial Diseases, Yale School of Public Health, New Haven, CT 06510, USA.
  8. 8 Department of Internal Medicine, Section of Infectious Diseases, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06520, USA.
  9. 9 Department of Surgery, Division of Surgical Oncology, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06520, USA. 10Howard Hughes Medical Institute, Chevy Chase, MD 20815, USA.

* Corresponding author. Email: caroline.johnson@yale.edu

要約

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は男性の方が女性に比べて臨床転帰が不良であり、このような性差の根底には免疫応答がある。免疫応答の一部は代謝物により制御されていることから、われわれはCOVID-19患者における血清メタボロームを検討した。その結果、男性患者ではキヌレン酸(KA)量およびKA-キヌレニン(K)比(KA:K)高値が、年齢ならびに炎症性サイトカインおよびケモカインと正に相関し、T細胞応答と負に相関していた。臨床的悪化がみられた男性では安定していた男性に比べKA:K比が高かった。KAはグルタミン酸放出を阻害し、グルタミン酸存在量は臨床的に悪化していた患者で低く、免疫応答と相関していた。Genotype-Tissue Expression(GTEx)プロジェクトのデータの解析から、高齢の男性ではKA産生酵素であるキヌレニンアミノトランスフェラーゼをコードする遺伝子の発現が、サイトカイン存在量および免疫応答の活性化と相関していることが明らかとなった。本研究から、KAは、COVID-19における免疫応答および臨床転帰と性特異的に関連していることが解明され、男性では代謝物と免疫応答の間に正のフィードバックがあることが示唆された。

Citation: Y. Cai, D. J. Kim, T. Takahashi, D. I. Broadhurst, H. Yan, S. Ma, N. J. W. Rattray, A. Casanovas-Massana, B. Israelow, J. Klein, C. Lucas, T. Mao, A. J. Moore, M. C. Muenker, J. E. Oh, J. Silva, P. Wong, Yale IMPACT Research team, A. I. Ko, S. A. Khan, A. Iwasaki, C. H. Johnson, Kynurenic acid may underlie sex-specific immune responses to COVID-19. Sci. Signal. 14, eabf8483 (2021).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2021年7月6日号

Editor's Choice

Research Article

長鎖ポリリン酸がSARS-CoV-2の感染と複製を損なわせる

COVID-19に対する性特異的な免疫応答の根底にはキヌレン酸があるかもしれない

最新のResearch Article記事

2021年10月5日号

cAMP生成の空間バイアスがPTH 1型受容体活性化に対する生物学的応答を決定する

T細胞の4つのPGE2受容体の個別および共通のシグナル伝達ネットワークを、システムズ・アプローチから解明

2021年9月28日号

SIRPαはSHP-2を隔離してIL-4およびIL-13のシグナル伝達とマクロファージのオルタナティブ活性化を促進する

メタボロミクスによるT細胞誘導性大腸炎の活性スクリーニングから抗炎症性代謝物を解明

2021年9月21日号

ラパマイシンの範囲を超えるmTORC1の生物学を解明する