• ホーム
  • ハイスループットな画像スクリーニングによる褐色脂肪細胞の発達に関与するキナーゼの特定

ハイスループットな画像スクリーニングによる褐色脂肪細胞の発達に関与するキナーゼの特定

A high-throughput, image-based screen to identify kinases involved in brown adipocyte development

Research Resources

Sci. Signal. 14 Feb 2017:
Vol. 10, Issue 466,
DOI: 10.1126/scisignal.aaf5357

Aliki Perdikari1, Elisabeth Kulenkampff1,*, Carla Rudigier1,*, Heike Neubauer2, Gerd Luippold2, Norbert Redemann2, and Christian Wolfrum1,†

1 Institute of Food, Nutrition and Health, ETH-Zürich, Schorenstrasse 16, CH-8603 Schwerzenbach, Switzerland.
2 Department of Cardiometabolic Diseases Research, Boehringer Ingelheim Pharma GmbH and Co. KG, 88397 Biberach/Riss, Germany.

† Corresponding author. Email: christian-wolfrum@ethz.ch

* These authors contributed equally to this work.

要約
褐色脂肪組織(BAT)は、ミトコンドリア内の脱共役タンパク質1(UCP1)を介して化学エネルギーを熱に変換するプロセスを通じ、震えを伴わずに体熱産生を引き起こす組織である。したがってBATの増大または活性化は、肥満に対抗するツールになり得る。褐色脂肪細胞の形成、すなわちエネルギーを熱として逃がす能力の獲得を示すプロセスに対する、キナーゼシグナル伝達の影響を解析するため、われわれはハイコンテントでハイスループットなin vitro画像スクリーニングにおいて、レンチウイルスを介した短ヘアピンRNAによるノックダウンを行うか、または薬理学的阻害剤を用いた。それにより、褐色脂肪細胞の増殖、分化または形成を刺激もしくは阻害する190のキナーゼを特定した。さらにこれらのキナーゼのうち5′AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)は、UCP1を多く含む褐色脂肪細胞の形成を促進することを見いだした。まとめると、われわれの結果から、褐色脂肪細胞の形成を制御するキナーゼ、特にAMPKに関する洞察が得られた。

Citation: A. Perdikari, E. Kulenkampff, C. Rudigier, H. Neubauer, G. Luippold, N. Redemann, C. Wolfrum, A high-throughput, image-based screen to identify kinases involved in brown adipocyte development. Sci. Signal. 10, eaaf5357 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年2月14日号

Editor's Choice

免疫療法としてのタモキシフェン

Research Article

宿主のマイクロRNA miR-301aは日本脳炎ウイルス感染に対するIRF1媒介神経自然免疫応答を遮断する

MDM2 E3リガーゼ活性のアセチル化依存性調節が発がん機能を決定する

Research Resources

ハイスループットな画像スクリーニングによる褐色脂肪細胞の発達に関与するキナーゼの特定

最新のResearch Resources記事

2021年1月12日号

SARS-CoV-2に用いられる細胞侵入システムにおける短鎖モチーフ候補とそれらの潜在的な治療上の意味

2020年12月8日号

新規のTNFR2アゴニスト抗体によるきわめて強力な制御性T細胞の増殖

2020年12月1日号

トランスオミクス解析から肥満における肝臓のグルコース応答性代謝の変化に関わるアロステリック経路と遺伝子調節経路が明らかに

2020年10月13日号

RASSFエフェクターが多様なRASサブファミリーGTPアーゼをHippo経路に結び付ける

2020年9月15日号

定量的遺伝子スクリーニングによりmTORC1経路を調節するRagulator-FLCNフィードバックループが明らかに