商品情報

記事ID : 14365
研究用

特集:金ナノ粒子・金コロイド 製品

このエントリーをはてなブックマークに追加

金ナノ粒子(金コロイド)は、特徴的な光学的特性を持ち、生物学や医学、工学分野(バイオイメージングや診断用途、フォトニクス分野)で広く応用されています。

金ナノ粒子は、光学顕微鏡や電子顕微鏡観察、ラテラルフローイムノアッセイ(イムノクロマトグラフィー)の検出プローブとして一般的に用いられているほか、金ナノ粒子の表面修飾によって、バイオセンサーや細胞内プローブ、薬物送達物質、光学造影物質、in vivo 腫瘍ターゲティング法として利用されるなど、今後も新たな応用が期待されます。

コスモ・バイオ │ 金ナノ粒子/金コロイド

コスモ・バイオでは、粒子径および形状の異なる 金ナノ粒子/金コロイド 製品を広く販売しています。

<取り扱いメーカー>

金ナノ粒子/金コロイド 製品ラインアップ

Cytodiagnostics(略号:CTD)社

Cytodiagnostics(サイトダイアグノスティクス/CTD)社では、独自技術で製造した優れた形状とサイズ均一性を誇る最高品質の金ナノ粒子製品を提供します。

様々な修飾済み金ナノ粒子(NHS、ビオチン、カルボキシル基、アミノ基、メチル基などの官能基修飾、二次抗体コンジュゲート)を取り揃え、あらゆるアプリケーションにご使用いただけます。(→ 選択ガイドはこちらをご参照ください。
また、通常の金ナノ粒子(球状)とは形状の異なる金ナノロッド(桿状)や金ナノアーチン(スパイク状)製品もラインアップしています。

金ナノ粒子の基礎・技術情報はこちら

[基礎情報]
  • 1. 特性・性質
    金ナノ粒子と表面プラズモン共鳴(SPR:surface plasmon resonance)について
  • 2. 表面修飾・表面デザイン
    金ナノ粒子の表面修飾と応用(DNAセンサー,In vivo がん研究,ナノ毒性学,細胞内プローブ)について
  • 3. 特性の評価方法
    金ナノ粒子の特性評価方法(可視・紫外(UV-Vis)分光法,動的光散乱法(DLS),顕微鏡イメージング,電気泳動,生物学的機能試験)について
[技術情報]
[製品情報]

NANOIMMUNOTECH SL(略号:NIT)社

「NITgold」金ナノ粒子は、NitZipper 技術 などのマイクロ/ナノシステム開発を行う Nanoimmunotech 社が製品化した高品質の金ナノ粒子です。クエン酸金ナノ粒子 と COOH-PEG金ナノ粒子 を 3nm 〜 40 nm の粒径でラインアップしています。

詳細はこちら

NITgold 金ナノ粒子
 
pagetop

Aurion(略号:AUR)社

AURION(オーリオン/AUR)社の「ウルトラスモール免疫金試薬」は、1nm 以下の超微小金粒子を用いて調製されます。 ウルトラスモール金粒子は、吸着させる抗体や検出分子への影響が非常に小さく、非標識の場合と同等の活性を維持します。また、ウルトラスモール免疫金試薬を R-Gent SE-LM(光学顕微鏡用)/R-Gent SE-EM(電子顕微鏡用) 銀増感試薬 と併用することで、任意のアプリケーションで最良な結果を得ることができます。

詳細はこちら

銀増感試薬 売れ筋!

ウルトラスモール免疫金試薬(Ultra Small Immuno Gold Reagents)
 

二次抗体 (ウルトラスモール金標識)

検出試薬 (二次抗体以外/ウルトラスモール金標識)

pagetop

 

 

Nanoprobes(略号:NAN)社

Ni-NTA-Nanogold® は、ポリヒスチジン(His)タグ融合タンパク質の高感度な検出にご使用いただける金ナノ粒子です。

詳細はこちら

Ni-NTA-Nanogold®
 
pagetop

その他金ナノ粒子/金コロイド 製品情報

pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO