• ホーム
  • TCR刺激性の細胞表面CD46発現の変化が1型制御性T細胞を生成する

TCR刺激性の細胞表面CD46発現の変化が1型制御性T細胞を生成する

TCR-stimulated changes in cell surface CD46 expression generate type 1 regulatory T cells

Research Article

Sci. Signal. 24 Oct 2017:
Vol. 10, Issue 502, eaah6163
DOI: 10.1126/scisignal.aah6163

Siobhan Ni Choileain1,*,†, Joanne Hay1,*, Joelle Thomas2, Anna Williams3, Matthieu M. Vermeren1, Cecile Benezech4, Mario Gomez-Salazar1, Owen R. Hugues5, Sonja Vermeren1, Sarah E. M. Howie1, Ian Dransfield1, and Anne L. Astier1,6,‡

1 Medical Research Council (MRC) Centre for Inflammation Research, University of Edinburgh, Queen's Medical Research Institute, Edinburgh EH16 4TJ, UK.
2 Université Claude Bernard Lyon I, CNRS UMR 5310-INSERM U1217, F-69100 Lyon, France.
3 MRC Centre for Regenerative Medicine, University of Edinburgh, Edinburgh EH16 4UU, UK.
4 UK Centre for Cardiovascular Science, University of Edinburgh, Edinburgh EH16 4TJ, UK.
5 Millipore (U.K.) Limited, Croxley Green Business Park, Watford, Hertfordshire WD18 8ZB, UK.
6 Centre de Physiopathologie Toulouse-Purpan, INSERM U1043, CNRS U5282, Université de Toulouse, Toulouse F-31300, France.

‡ Corresponding author. Email: anne.astier@inserm.fr

* These authors contributed equally to this work.

† Present address: Department of Neurology, Yale School of Medicine, New Haven, CT 06520, USA.

要約
制御性T細胞の機能の欠如は、多発性硬化症(MS)など自己免疫疾患の発症の重要な要因である。補体制御性タンパク質CD46のライゲーションは、ヘルパーT細胞1型(TH1)エフェクター細胞からインターロイキン-10(IL-10)分泌性1型制御性T細胞(Tr1細胞)への分化を促進するが、MS患者ではこの経路が欠損している。3つのN-グリコシル化部位と複数のO-グリコシル化部位を含むCD46の外部ドメインの切断が、CD46によるT細胞活性化を可能にする。われわれは、T細胞受容体(TCR)-CD3複合体の刺激が、O-グリコシル化依存性の見かけのCD46分子量の減少と関連していることを見出した。CD46のO-グリコシル化状態のCD3刺激性の変化は、CD46のプロセシングとその後のT細胞シグナル伝達を低下させた。T細胞の活性化の間、CD46は免疫シナプスに動員されたが、これにはO-グリコシル化部位に豊富に含まれるそのセリン、スレオニン、プロリンリッチ(STP)領域を必要とした。免疫シナプスへのCD46の動員は、T細胞を炎症性サイトカインインターフェロン-γ(IFN-γ)産生型からIL-10産生型に切り替えた。さらに、MS患者から単離したCD4+T細胞はCD3刺激性のCD46量減少を示さず、細胞表面のCD46量増加を示した。まとめると、これらのデータは、T細胞上CD46の制御機能の根底に考えられる機構を示唆している。われわれの所見は、この経路がなぜMS患者において欠損しているかを説明し、また、将来的な免疫療法の設計に役立つと思われるMSの発症機序に知見をもたらすと考えられる。

Citation: S. Ni Choileain, J. Hay, J. Thomas, A. Williams, M. M. Vermeren, C. Benezech, M. Gomez-Salazar, O. R. Hugues, S. Vermeren, S. E. M. Howie, I. Dransfield, A. L. Astier, TCRstimulated changes in cell surface CD46 expression generate type 1 regulatory T cells. Sci. Signal. 10, eaah6163 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年10月24日号

Editor's Choice

膵がんの超抑制因子

Research Article

ショウジョウバエにおいて足場タンパク質Cnkは受容体チロシンキナーゼAlkに結合し内臓ファウンダー細胞の特異化を促進する

セラミドは一次繊毛におけるTGF-β受容体I/IIの輸送とシグナル伝達を阻害して細胞遊走と腫瘍転移を減弱させる

TCR刺激性の細胞表面CD46発現の変化が1型制御性T細胞を生成する

最新のResearch Article記事

2017年10月31日号

マウス造血細胞の内在性レチノイドX受容体リガンド

MARK3によるARHGEF2のリン酸化は微小管をアクチン細胞骨格に結合させ細胞極性を確立する

2017年10月24日号

ショウジョウバエにおいて足場タンパク質Cnkは受容体チロシンキナーゼAlkに結合し内臓ファウンダー細胞の特異化を促進する

セラミドは一次繊毛におけるTGF-β受容体I/IIの輸送とシグナル伝達を阻害して細胞遊走と腫瘍転移を減弱させる

TCR刺激性の細胞表面CD46発現の変化が1型制御性T細胞を生成する