• ホーム
  • 過去の食事が炎症を刺激する

過去の食事が炎症を刺激する

Primed for inflammation by past meals

Editor's Choice

Sci. Signal. 28 Jun 2016:
Vol. 9, Issue 434, pp. ec149
DOI: 10.1126/scisignal.aah4253

Wei Wong

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

H. Weavers, I. R. Evans, P. Martin, W. Wood, Corpse engulfment generates a molecular memory that primes the macrophage inflammatory response. Cell 165, 1658–1671 (2016). [PubMed]

要約  適応免疫系とは対照的に、マクロファージを含む自然免疫系には免疫記憶がないと考えられている場合が多い。Weaversらは、ショウジョウバエ(Drosophila)において、発生期のアポトーシス残骸の貪食により、マクロファージが、成体期に組織損傷または感染の部位に動員されるようにプライミングされることを示した。H99胚では、発生期のアポトーシスに必要な3つの遺伝子が欠損しているため、この過程が起こらない。発生期のH99胚において、マクロファージは正常に分化し、適切な部位に遊走するように見えた。さらにマクロファージは、たまたま創傷部位の近くに位置した場合には、蛍光ビーズや壊死組織を貪食した。しかし、H99胚のマクロファージは、創傷部位に遊走しなかった。この欠損は、マクロファージにより貪食されるアポトーシス残骸を生じさせるUV曝露後のアポトーシスの刺激によってレスキューされた。マクロファージのプライミングには、キナーゼJNKの活性が刺激され、その結果として貪食受容体DraperのmRNAおよびタンパク質存在量が増加させる細胞質カルシウム濃度の高頻度で一過的な上昇が必要であった。残骸を取り込む前のナイーブな野生型胚、またはUV照射を受けていないH99胚では、DraperのmRNAおよびタンパク質存在量が低かった。H99胚におけるDraperの過剰発現により、マクロファージの創傷部位への動員が可能になった。H99マクロファージは、創傷部位に遊走できないだけでなく、大腸菌(E. coli)を貪食せず、この欠損は、UV誘導性のアポトーシスの刺激またはDraperの異所性発現の後にレスキューされた。創傷部位への遊走のためのシグナル伝達要件と同様に、野生型マクロファージにおける大腸菌の貪食には、細胞質カルシウムの増加とJNKシグナル伝達が必要であった。このように、発生期のアポトーシス残骸の貪食によって、Draper存在量の増加を介して免疫記憶が生み出され、マクロファージが損傷または感染部位に遊走できるようになる。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年6月28日号

Editor's Choice

過去の食事が炎症を刺激する

Research Article

腫瘍細胞由来スフィンゴシン1-リン酸刺激によってマクロファージから放出されるリポカイン2はリンパ脈管新生及び腫瘍の転移を促進する

ER構造タンパク質Rtn4Aは受容体チロシンキナーゼErbB3を介したシグナル伝達を安定化し亢進する

アダプタータンパク質CIN85がB細胞活性化のための細胞内シグナル伝達クラスターを集合させる

最新のEditor's Choice記事

2018年5月1日号

小胞体ストレスががんを阻害するとき

2018年4月24日号

新たなつながり:ユーイング肉腫の「ドライバー」がそのアキレス腱である

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ