• ホーム
  • アダプタータンパク質CIN85がB細胞活性化のための細胞内シグナル伝達クラスターを集合させる

アダプタータンパク質CIN85がB細胞活性化のための細胞内シグナル伝達クラスターを集合させる

The adaptor protein CIN85 assembles intracellular signaling clusters for B cell activation

Research Article

Sci. Signal. 28 Jun 2016:
Vol. 9, Issue 434, pp. ra66
DOI: 10.1126/scisignal.aad6275

Julius Kühn1,*, Leo E. Wong2,*, Sona Pirkuliyeva1, Kathrin Schulz1, Claudia Schwiegk2, Kevser Gencalp Fünfgeld3, Selina Keppler4, Facundo D. Batista4, Henning Urlaub5,6, Michael Habeck7, Stefan Becker2, Christian Griesinger2,†, and Jürgen Wienands1,†

1 Institute of Cellular and Molecular Immunology, Georg August University of Göttingen, Humboldtallee 34, 37073 Göttingen, Germany.
2 Department of NMR-based Structural Biology, Max Planck Institute for Biophysical Chemistry, Am Fassberg 11, 37077 Göttingen, Germany.
3 Department for Cellular Logistic, Max Planck Institute for Biophysical Chemistry, 37077 Göttingen, Germany.
4 Lymphocyte Interaction Laboratory, London Research Institute, Cancer Research UK, Lincoln’s Inn Fields 44, London WC2A 3LY, UK.
5 Bioanalytical Mass Spectrometry, Max Planck Institute for Biophysical Chemistry, 37077 Göttingen, Germany.
6 Bioanalytics Group, Institute for Clinical Chemistry, University Medical Center, Robert-Koch-Strasse 40, 37075 Göttingen, Germany.
7 Statistical Inverse Problems in Biophysics, Max Planck Institute for Biophysical Chemistry, 37077 Göttingen, Germany.

† Corresponding author. Email: jwienan@gwdg.de (J.W.); cigr@nmr.mpibpc.mpg.de (C.G.)

* These authors contributed equally to this work

要約  アダプター分子である85 kDのCbl-相互作用タンパク質(CIN85)は、増殖因子受容体およびリンパ球上の抗原受容体などの多数の細胞表面受容体からのシグナル伝達を制御する。CIN85は複数ドメインを有する構造であるため、多様なタンパク質ドメインを介して、一定のシグナル伝達経路の機能的に明確な構成要素を結びつける古典的アダプタータンパク質として働くと考えられる。しかしわれわれは、CIN85がBリンパ球において、B細胞受容体(BCR)の中心的なエフェクタータンパク質であるSLP-65をオリゴマー化する働きをしていることを見いだした。したがってCIN85は、カルボキシ末端のコイルドコイルドメインを介して三量体を形成する。三量体CIN85分子の複数のSrcホモロジー3(SH3)ドメインは複数のSLP-65分子と会合し、CIN85三量体をさらに動員して、それによりオリゴマー形成プロセスを持続させる。休止B細胞におけるこのようなオリゴマーのシグナル伝達複合体は、BCR刺激に応じた細胞内シグナル伝達の効率的な開始のため、細胞を待機状態にした。われわれのデータは、シグナル伝達カスケードの機能性は種々の構成要素の質的連鎖にのみ依存するのではなく、シグナル伝達複合体において密集するための臨界数のエフェクターを必要とすることを示唆している。

Citation: J. Kühn, L. E. Wong, S. Pirkuliyeva, K. Schulz, C. Schwiegk, K. G. Fünfgeld, S. Keppler, F. D. Batista, H. Urlaub, M. Habeck, S. Becker, C. Griesinger, J. Wienands, The adaptor protein CIN85 assembles intracellular signaling clusters for B cell activation. Sci. Signal. 9, ra66 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年6月28日号

Editor's Choice

過去の食事が炎症を刺激する

Research Article

腫瘍細胞由来スフィンゴシン1-リン酸刺激によってマクロファージから放出されるリポカイン2はリンパ脈管新生及び腫瘍の転移を促進する

ER構造タンパク質Rtn4Aは受容体チロシンキナーゼErbB3を介したシグナル伝達を安定化し亢進する

アダプタータンパク質CIN85がB細胞活性化のための細胞内シグナル伝達クラスターを集合させる

最新のResearch Article記事

2020年5月19日号

細胞外マトリックスタンパク質TasAは枯草菌(Bacillus subtilis)バイオフィルム内の運動性亜集団を維持する発生シグナルである

プロテインキナーゼAによる制御ネットワークは短命および長命の細胞記憶をコードする

2020年5月12日号

死を誘導するRIPK1活性はpH環境によって調整される

CD2シグナル伝達のホスホプロテオミクスは細胞傷害性T細胞における溶解顆粒極性化のAMPK依存性調節を明らかにする

2020年5月5日号

脊髄内のHsp90を阻害するとERK-RSK経路が活性化されることによってモルヒネの抗侵害受容作用が促進される