• ホーム
  • 免疫反応においてミトコンドリアが担うさらなる役割

免疫反応においてミトコンドリアが担うさらなる役割

More roles for mitochondria in the immune response

Editor's Choice

Sci. Signal. 13 Sep 2016:
Vol. 9, Issue 445, pp. ec208
DOI: 10.1126/scisignal.aai9319

John F. Foley

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

J. Garaude, R. Acín-Pérez, S. Martínez-Cano, M. Enamorado, M. Ugolini, E. Nistal-Villán, S. Hervás-Stubbs, P. Pelegrín, L. E. Sander, J. A. Enríquez, D. Sancho, Mitochondrial respiratory-chain adaptations in macrophages contribute to antibacterial host defense.Nat. Immunol. 17, 1037–1045 (2016). [PubMed]

M. A. Holmbeck, G. S. Shadel, Mitochondria provide a ‘complex’ solution to a bacterial problem. Nat. Immunol. 17, 1009–1010 (2016). [PubMed]

要約  ミトコンドリアは、エネルギーを産生する細胞内小器官であるだけでなく、細胞死や活性酸素種(ROS)産生に関与し、自然免疫反応のプラットフォームとしても機能する。効率的なATP産生には、ミトコンドリア内膜に存在する一連の多タンパク質複合体(I〜V)からなる電子伝達系(ETC)を通る電子流が必要である。マクロファージは、免疫反応において最初に応答する細胞の1つである(Holmbeck and Shadel参照)。これらの細胞は、Toll様受容体(TLR)やインフラマソームとして知られる多タンパク質複合体など、多くのパターン認識受容体を介して病原体由来の分子を検知し、炎症性サイトカインを産生する。また、細菌を貪食し死滅させる。Garaudeらは、マクロファージが生菌を貪食するとETCにおける複合体Iの会合が不安定化して複合体Iの活性は減少するが、複合体IIの活性は増加することを見出した。これらの変化は、ファゴソーム(食胞)のNADPHオキシダーゼ(NOX)に媒介されるROS産生とチロシンキナーゼFgrに依存した。死菌の貪食では、複合体IIの活性は増加しなかったが、マクロファージを細菌性RNAに曝露させると、TLRとインフラマソームシグナル伝達を必要とする過程を介して複合体II活性が亢進された。複合体IIのサブユニットの1つは、代謝産物コハク酸からフマル酸への変換を触媒するコハク酸脱水素酵素(SDH)である。マクロファージのSDHを阻害薬NPAで阻害すると、大腸菌による細胞感染に応答する複合体IIの活性は減少した。NPA処理後にネズミチフス菌を感染させたマウスは、溶媒のみで処理した対照マウスよりも死亡数が多く、血清中の炎症性サイトカイン量が減少していた。NPA処理後に大腸菌を感染させたマウスでも、炎症性サイトカイン産生に同様の減少がみられた。まとめると、これらのデータは、マクロファージが生菌を検知するとETCの複合体活性がリモデリングされて変化し、至適な炎症反応にはこのような変化が必要であることを示している。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年9月13日号

Editor's Choice

免疫反応においてミトコンドリアが担うさらなる役割

Research Article

AMLにおける化学療法耐性を回避するための治療標的としてのCHK1

MLL再構成AMLのマウスモデルにおいてATRおよびATMのキナーゼ活性の標的化は抗腫瘍活性を示す

Research Resources

初代ヒトT細胞におけるフマル酸ジメチル感受性システインの化学プロテオームマップ

最新のEditor's Choice記事

2018年5月1日号

小胞体ストレスががんを阻害するとき

2018年4月24日号

新たなつながり:ユーイング肉腫の「ドライバー」がそのアキレス腱である

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ