• ホーム
  • アクティブライフ、アクティブな抗腫瘍防御

アクティブライフ、アクティブな抗腫瘍防御

Active life, active antitumor defense

Editor's Choice

Sci. Signal. 25 Apr 2017:
Vol. 10, Issue 476, eaan4822
DOI: 10.1126/scisignal.aan4822

Leslie K. Ferrarelli

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

Y. Song, Y. Gan, Q. Wang, Z. Meng, G. Li, Y. Shen, Y. Wu, P. Li, M. Yao, J. Gu, H. Tu, Enriching the housing environment for mice enhances their NK cell antitumor immunity via sympathetic nerve-dependent regulation of NKG2D and CCR5. Cancer Res. 77, 1611-1622 (2017). OpenUrl Abstract/FREE Full Text Google Scholar

マウスにおける活動的な生活習慣は、抗腫瘍性ナチュラルキラー細胞の機能を亢進する神経系のアドレナリン作動性シグナル伝達を刺激する。

要約
運動はがんを予防し、身体的、精神的および社会的に活動的な生活習慣は、がん患者の高い生存率と関連すると考えられている。がん研究には一般的にマウスが用いられているが、その飼育状況は概して厳しい。Song らは、飼育環境を豊かにして感覚、認知、運動および社会的刺激を与えることで、神経系と免疫系との関連を介して宿主の抗腫瘍反応が改善しことを見出した。交感神経系は、脳とともに心拍の加速および気管支拡張など内臓機能の「無意識の」変化を調整する、感覚神経と運動神経から構成される。マウスを用いた種々の遺伝学的および薬理学的アプローチから、交感神経における活動依存的なアドレナリン作動性シグナル伝達は、ナチュラルキラー(NK)細胞においてその走化性および細胞溶解機能を促進する遺伝子(細胞表面受容体であるNKG2DおよびCCR5をコードするもの)の発現を特異的に誘導し、マウスにおける膵および肺腫瘍の増生を抑制するほか、メラノーマ細胞の転移性増殖も抑制することが明らかにされた。NK細胞は自然免疫防御の重要な構成要素である。交感神経がNK細胞の遺伝子発現をどのように刺激するかは不明であるが、これらの所見は、活動性と腫瘍抑制の間の分子や細胞の関連を知る手掛かりとなり、患者に対する免疫賦活化治療戦略につながる可能性がある。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年4月25日号

Editor's Choice

アクティブライフ、アクティブな抗腫瘍防御

Research Article

DNA損傷に応答したp53の動態は、細胞株によって異なり、DNA修復の効率およびキナーゼATMの活性により形作られる

非リン酸化ISGF3はインターフェロン誘導遺伝子の恒常的発現を促進してウイルス感染を防ぐ

Research Resources

トランスクリプトマインを用いて核内受容体シグナル伝達経路、遺伝子、組織の関連を発見する

最新のEditor's Choice記事

2018年5月1日号

小胞体ストレスががんを阻害するとき

2018年4月24日号

新たなつながり:ユーイング肉腫の「ドライバー」がそのアキレス腱である

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ