• ホーム
  • B細胞における受容体の協同

B細胞における受容体の協同

Receptor cooperation in B cells

Editor's Choice

Sci. Signal. 23 May 2017:
Vol. 10, Issue 480, eaan7951
DOI: 10.1126/scisignal.aan7951

John F. Foley

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

E. Schweighoffer, J. Nys, L. Vanes, N. Smithers, V. L. J. Tybulewicz, TLR4 signals in B lymphocytes are transduced via the B cell antigen receptor and SYK. J. Exp. Med. 214, 1269-1280 (2017). OpenUrl Abstract/FREE Full Text

TLR4によって刺激されるB細胞の活性化は、チロシンキナーゼSykによって媒介され、B細胞受容体に依存する。

要約
自然免疫細胞では、Toll様受容体(TLR)ファミリーに属する受容体が微生物産物を認識し、免疫応答の一環としてサイトカイン産生を促進する。しかし、B細胞でTLRが活性化されると、B細胞の増殖と抗体分泌細胞への分化が促進される。B細胞の増殖と分化は、抗原によるB細胞受容体(BCR)の活性化によっても促進され、BCRからのシグナルはチロシンキナーゼSykを介して伝達される。Schweighofferらは、Sykが、TLR4によって刺激されるB細胞の活性化を媒介するためにも必要であることを見出した。野生型の細胞と比べて、Syk欠損型マウスのB細胞では、TLR4アゴニストのリポ多糖(LPS)に応答した生存と増殖が低下していた。また、Sykは、LPSに刺激されてB細胞からサイトカインのインターロイキン10(IL-10)と腫瘍壊死因子(TNF)が分泌されるためにも必要であった。LPSは、野生型B細胞においてSykのリン酸化(ひいては活性化)を促進したが、これにはBCRが必要であった。実のところ、野生型B細胞に比べて、BCR欠損型B細胞では、LPSに応答した増殖が著しく低下しており、活性化マーカーの細胞表面での発現も減少していた。TLR4会合アダプター分子MyD88を欠失させても、Sykのリン酸化を促進するLPSの能力には影響しなかったが、LPSによって誘発される転写因子の核因子κB(NF-κB)の活性化は阻害された。まとめると、これらのデータは、B細胞ではTLR4シグナル伝達によって2つの別々の経路が活性化されることを示している。1つ目の経路には、MyD88に依存したNF-κBの活性化が関与する。一方、2つ目は、BCRに依存してSykの刺激に至る経路であり、B細胞の活性化に必要であった。これら2つの受容体がB細胞において協同し、Sykを活性化する機構についてのさらなる洞察は、依然として明らかにされていない。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年5月23日号

Editor's Choice

B細胞における受容体の協同

Research Article

アンドロゲン受容体阻害剤誘導性の「BRCAness」とPARP阻害は去勢抵抗性前立腺がんに対して合成致死である

ケモカイン受容体CCR2と単球走化性タンパク質との選択的結合および活性化の重要な決定因子

心臓リアノジン受容体のリン酸化およびFKBP12.6によるアロステリズムのクライオEMベースモデル

最新のEditor's Choice記事

2018年5月1日号

小胞体ストレスががんを阻害するとき

2018年4月24日号

新たなつながり:ユーイング肉腫の「ドライバー」がそのアキレス腱である

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ