• ホーム
  • ノルエピネフリン異化による脂肪増加

ノルエピネフリン異化による脂肪増加

Fat expansion through norepinephrine catabolism

Editor's Choice

Sci. Signal. 14 Nov 2017:
Vol. 10, Issue 505, eaar4569
DOI: 10.1126/scisignal.aar4569

Wei Wong

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

C. D. Camell, J. Sander, O. Spadaro, A. Lee, K. Y. Nguyen, A. Wing, E. L. Goldberg, Y.-H. Youm, C. W. Brown, J.Elsworth, M. S. Rodeheffer, J. L. Schultze, V. D. Dixit, Inflammasome-driven catecholamine catabolism in macrophages blunts lipolysis during ageing. Nature 550, 119-123 (2017). Google Scholar

R. M. Pirzgalska, E. Seixas, J. S. Seidman, V. M. Link, N. M. Sánchez, I. Mahú, R. Mendes, V. Gres, N. Kubasova,I. Morris, B. A. Arús, C. M. Larabee, M. Vasques, F. Tortosa, A. L. Sousa, S. Anandan, E. Tranfield, M. K. Hahn,M. Iannacone, N. J. Spann, C. K. Glass, A. I. Domingos, Sympathetic neuron-associated macrophages contribute to obesity by importing and metabolizing norepinephrine. Nat. Med. 23, 1309-1318 (2017). Google Scholar

M. P. Czech, Macrophages dispose of catecholamines in adipose tissue. Nat. Med. 23, 1255-1257 (2017). Google Scholar

ある特定のマクロファージ集団が老化または肥満に応答して脂肪組織内のノルエピネフリン誘導性脂肪分解を制限する。

要約

空腹または寒冷曝露は、脂肪組織を神経支配する交感神経細胞からのノルエピネフリン(カテコラミンの一種)の放出を引き起こす。ノルエピネフリンは、トリグリセリドの脂肪分解を促進し、この過程は、白色脂肪組織塊および体脂肪蓄積全体を減少させ、褐色脂肪組織による熱産生を可能にする。高齢者の脂肪細胞では、脂肪組織マクロファージ(ATM)によるノルエピネフリン分解が原因で空腹に誘導される脂肪分解が損なわれていることが、Camellら(Czechも参照)によって明らかにされた。老化によって、ATMではモノアミン酸化酵素A(MAOA)などのノルエピネフリン分解酵素をコードする遺伝子の発現量が増加した。この作用は、NLRP3インフラマソームと、トランスフォーミング増殖因子ファミリーに属するGDF-3(増殖分化因子3)に依存した。高齢マウスをMAOAインヒビターで処理すると、脂肪組織のノルエピネフリン濃度が上昇し、空腹に誘導される脂肪分解が回復した。もうひとつの論文では、Pirzgalskaらによって、ATMとは異なる(そしてCamellらによっても同定された)交感神経細胞に関連するマクロファージ集団の特徴づけがなされた。著者らがSAM(sympathetic neuron-associated macrophage、交感神経細胞関連マクロファージ)と呼ぶこれらのマクロファージは、トランスポーターSLC6A2を介してノルエピネフリンを取り込み、MAOAによって異化する。マウスの食餌性または遺伝性肥満ではSAMの数が増加し、SAMは交感神経線維で炎症性サイトカインをコードする遺伝子を発現した。造血性細胞系統の細胞では、Slc6a2発現はSAMに特異的であり、Slc6a2-/-骨髄細胞を注入されたob/obマウスでは、対照骨髄細胞を注入されたob/obマウスと比べて、血中のノルエピネフリン濃度が高く、体重が軽かった。免疫組織化学的検査では、SLC6A2陽性かつMAOA陽性のマクロファージがヒト交感神経節に存在することが示された。このように、ある特定のマクロファージ集団は、老化または肥満に応答して、ノルエピネフリンの吸い込み口として機能することによって脂肪組織における脂肪分解を制限している。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年11月14日号

Editor's Choice

ノルエピネフリン異化による脂肪増加

Research Article

MAFBはT細胞急性リンパ芽球性白血病における発がん性Notchシグナル伝達を増強する

Research Resources

Affimer(Adhiron)技術を用いたSUMO-1およびSUMO-2/3媒介タンパク質間相互作用の特異的阻害剤の作製

Reviews

PKMζと記憶の維持の遺伝学

Protocols

負の選択を用いたファージディスプレイによるアイソフォーム特異的結合タンパク質(Affimer)の単離

最新のEditor's Choice記事

2018年5月1日号

小胞体ストレスががんを阻害するとき

2018年4月24日号

新たなつながり:ユーイング肉腫の「ドライバー」がそのアキレス腱である

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ