• ホーム
  • PD-1シグナル伝達を再検討する

PD-1シグナル伝達を再検討する

Revisiting PD-1 signaling

Editor's Choice

Sci. Signal. 17 Apr 2018:
Vol. 11, Issue 526, eaat8704
DOI: 10.1126/scisignal.aat8704

Erin Williams

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

G. Rota, C. Niogret, A. T. Dang, C. R. Barros, N. P. Fonta, F. Alfei, L. Morgado, D. Zehn, W. Birchmeier, E. Vivier, G. Guarda,Shp-2 is dispensable for establishing T cell exhaustion and for PD-1 signaling in vivo. Cell Reports 23, 39-49 (2018). Google Scholar

がんにおける抗PD1療法の保護効果は、ホスファターゼPtpn11を必要としない可能性がある。

要約

T細胞消耗は、長期のウイルス感染またはがんにおける慢性的な抗原刺激によって生じる。これらの疾患においては、プログラム細胞死1(PD-1)を含む抑制性受容体の発現の漸進的増加が、T細胞機能障害の進行と相関する。PD-1を遮断する治療により、がんに対する患者のT細胞応答を増強し、マウスでは消耗したウイルス特異的T細胞の機能を回復させることができる。T細胞のPD-1が活性化すると、ホスファターゼPtpn11(Shp-2としても知られる)が動員され、in vitroで共刺激受容体CD28によるシグナル伝達が弱まる。しかしRota らは、マウスにおいて、PD-1を介する作用にPtpn11が必要ないことを見出した。PD-1欠損T細胞を有するマウスと異なり、Ptpn11欠損T細胞を有するマウスでは、慢性ウイルス感染後に過剰な免疫病変は発生しなかった。さらに、T細胞のPtpn11を欠失させても、抗PD1腫瘍治療の効果は阻害されなかった。これらのデータから、T細胞機能を阻害する、PD-1シグナル伝達のPtpn11非依存性経路が存在する可能性が示唆される。また、これらのデータからは、この臨床的がん免疫療法のシグナル伝達機構が、初代培養T細胞集団におけるさらなる調査に値することが示唆される。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年4月17日号

Editor's Choice

PD-1シグナル伝達を再検討する

Research Article

トランケーションおよびモチーフに基づく全がん解析から腫瘍抑制キナーゼを解明

エストロゲン受容体αはT細胞の活性化と増殖を亢進することによってT細胞媒介性の自己免疫性炎症に寄与する

Research Resources

インターロイキン-2は細胞傷害性T細胞プロテオームおよび免疫環境感知プログラムを形作る

最新のEditor's Choice記事

2018年5月1日号

小胞体ストレスががんを阻害するとき

2018年4月24日号

新たなつながり:ユーイング肉腫の「ドライバー」がそのアキレス腱である

2018年4月17日号

PD-1シグナル伝達を再検討する

2018年4月10日号

新たなつながり:単純なシグナル伝達系の複雑性

2018年4月3日号

新たなつながり:サイトカインは共有することを学ぶ