• ホーム
  • インターロイキン-2は細胞傷害性T細胞プロテオームおよび免疫環境感知プログラムを形作る

インターロイキン-2は細胞傷害性T細胞プロテオームおよび免疫環境感知プログラムを形作る

Interleukin-2 shapes the cytotoxic T cell proteome and immune environment-sensing programs

Research Resources

Sci. Signal. 17 Apr 2018:
Vol. 11, Issue 526, eaap8112
DOI: 10.1126/scisignal.aap8112

Christina M. Rollings1, Linda V. Sinclair1, Hugh J. M. Brady2, Doreen A. Cantrell1,*, and Sarah H. Ross1,*

1 Division of Cell Signalling and Immunology, School of Life Sciences, University of Dundee, Dundee DD1 5EH, UK.

2 Department of Life Sciences, Imperial College London, London SW7 2AZ, UK.

* Corresponding author. Email: d.a.cantrell@dundee.ac.uk (D.A.C.); s.t.ross@dundee.ac.uk (S.H.R.)

要約

インターロイキン-2(IL-2)およびヤヌスキナーゼ(JAK)は、転写プログラムおよびタンパク質合成を調節し、エフェクターCD8+細胞傷害性Tリンパ球(CTL)の分化を促進する。われわれは、高分解能質量分析法を用いて、IL-2およびJAKがいかにCTLの機能を制御するCTLプロテオームを構成するかの詳細な特性描写を作成した。われわれは、JAK1およびJAK3(JAK1/3)を介したIL-2シグナル伝達が、T細胞における重要なサイトカインおよびエフェクター分子の蓄積を誘導するタンパク質の鍵となるサブセットの量を増加させることを見出した。さらに、IL-2は、細胞健康に必須なコア代謝プロセスを支援するタンパク質の濃度を維持した。1つの基本的な洞察は、エフェクターT細胞を刺激して微小環境キューを検知する際のIL-2の優勢な役割に関してであった。このように、IL-2-JAK1/3シグナル伝達経路は、栄養トランスポーター、栄養素センサー、および重要な酸素感知分子の存在量を増加させた。これらのデータは、IL-2がいかにT細胞機能を促進するかについての重要な洞察を提供し、酸素感知をCD8+ T細胞分化の転写制御と統合するシグナル伝達機構および転写因子に光を当てる。

Citation: C. M. Rollings, L. V. Sinclair, H. J. M. Brady, D. A. Cantrell, S. H. Ross, Interleukin-2 shapes the cytotoxic T cell proteome and immune environment-sensing programs. Sci. Signal. 11, eaap8112 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年4月17日号

Editor's Choice

PD-1シグナル伝達を再検討する

Research Article

トランケーションおよびモチーフに基づく全がん解析から腫瘍抑制キナーゼを解明

エストロゲン受容体αはT細胞の活性化と増殖を亢進することによってT細胞媒介性の自己免疫性炎症に寄与する

Research Resources

インターロイキン-2は細胞傷害性T細胞プロテオームおよび免疫環境感知プログラムを形作る

最新のResearch Resources記事

2021年9月7日号

BRETに基づくGタンパク質バイオセンサーを用いた恒常的Gタンパク質共役受容体活性化の定量的評価

2021年3月16日号

痛みの機構と治療標的を発見するためのリガンド-受容体インタラクトームのプラットフォーム

2021年1月12日号

SARS-CoV-2に用いられる細胞侵入システムにおける短鎖モチーフ候補とそれらの潜在的な治療上の意味

2020年12月8日号

新規のTNFR2アゴニスト抗体によるきわめて強力な制御性T細胞の増殖

2020年12月1日号

トランスオミクス解析から肥満における肝臓のグルコース応答性代謝の変化に関わるアロステリック経路と遺伝子調節経路が明らかに