グルココルチコイドとPD-1

Glucocorticoids and PD-1

Editor's Choice

Sci. Signal. 04 Sep 2018:
Vol. 11, Issue 546, eaav2683
DOI: 10.1126/scisignal.aav2683

John F. Foley

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

L. Quatrini, E. Wieduwild, B. Escaliere, J. Filtjens, L. Chasson, C. Laprie, E. Vivier, S. Ugolini, Endogenous glucocorticoids control host resistance to viral infection through the tissue-specific regulation of PD-1 expression on NK cells. Nat. Immunol. 19, 954-962 (2018). Google Scholar

C. A. Biron, Glucocorticoids and NK cell PD-1. Nat. Immunol. 19, 908-910 (2018). Google Scholar

NK細胞のグルココルチコイド受容体によるシグナル伝達は、チェックポイント阻害剤PD-1の発現を誘導して、免疫病変を予防する。

要約

視床下部‐下垂体‐副腎(HPA)系が活性化すると、コルチゾールなどのグルココルチコイドの合成と、副腎皮質から血中への放出が促進される。続いてこれらの因子が、標的細胞の細胞質受容体を活性化し、標的遺伝子発現を誘導する。HPA系は、全身の炎症に反応して、またはウイルス感染時に活性化し、炎症の消散と恒常性の回復に必要とされる。グルココルチコイドが免疫応答を調節する機構をさらに解明するために、Quatrini らは、マウスにおいて主にナチュラルキラー(NK)細胞のグルココルチコイド受容体(GR)をノックアウトし、MCMVウイルスによる感染に対する影響を調べた。MCMV感染後、脾臓の野生型NK細胞では、内因性グルココルチコイドによって、チェックポイント阻害剤であるプログラム細胞死1(PD-1)の細胞表面存在量が増加したが、このような増加はGR欠損NK細胞や肝臓のNK細胞では認められなかった。in vitro試験により、脾臓に豊富に存在するサイトカインであるインターロイキン-15(IL-15)が、グルココルチコイドとともに作用してPD-1発現を誘導する一方、肝臓にIL-15よりも多く存在するIL-12は、この過程を阻害することが示された。NK細胞のPD-1細胞表面存在量の増加は、サイトカインであるインターフェロン-γ(IFN-γ)の産生低下を伴ったが、ウイルス排除には影響を及ぼさなかったことから、GR欠損NK細胞と野生型NK細胞の細胞質(直接殺傷)機能は同様であることが示唆された。しかし、IFN-γ産生低下の結果として、脾臓の炎症と免疫病変が減少した。Bironが解説記事で論じているように、これらのデータから、HPA系は、NK細胞のPD-1を誘導することによって、ウイルス感染時のサイトカインを介する損傷を防ぐことが示唆される。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年9月4日号

Editor's Choice

グルココルチコイドとPD-1

Research Article

ストレス状況下で、細胞はtRNA量を変化させてタンパク質合成を選択的に調節する

がん細胞におけるヌクレオチド交換の標的化による構成的活性化型Gタンパク質αサブユニットの阻害

シュードキナーゼMLKLはネクローシス性好中球におけるPAD4依存的NET形成を活性化する

発がん性RASアイソフォームによりグアニンヌクレオチド交換因子SOS2が細胞形質転換を媒介する際の階層的要件が示される

最新のEditor's Choice記事

2018年9月4日号

グルココルチコイドとPD-1

2018年8月28日号

IRE1αで細胞を動かす

2018年8月21日号

シスプラチンによる合成致死

2018年8月14日号

インフラマソームのSUMO化

2018年8月7日号

がん細胞を餓死させる